2015-01-18 12:11

魅惑のワルツ




「魅惑のワルツ」はビリー・ワイルダー監督の映画「昼下がりの情事」の挿入曲で、このドラマでは重要な役割を果たす。
オードリィ・ヘップバーンの映画では初期のモノクロ時代の映画である。
1953年 ローマの休日
1954年 麗しのサブリナ
1956年 戦争と平和
1957年 昼下りの情事

昼下がりの情事というと人妻の浮気の映画を思わせるが「午後の恋愛」「午後の初恋」が正確であろう。でも、これでは観客が入らないと悩んで、思わせぶりな標題になった。
最初から最後まで情事はないのです。
なぜ、午後かといえば、午前中は音楽学校でチエロの勉強をしており、
夜は父親に食事を作らねばならないからである。



こ映画でオードリィが演じる私立探偵の娘が練習しているのはハイドンの交響曲第88番「V字(回復)」。
ゲーリー・クーパー演じる大富豪のプレイボーイがミュージカルと間違えて切符を取ったのが「トリスタンとイゾルデ」。
「トリスタンとイゾルデの物語は大変な悲劇だ。もっと早く私立探偵を雇うべきあった」というのがモーリス・シュヴァリエ演じるお父さんの私立探偵。

安心して見れるお洒落な喜劇というのが、まだあった時代の映画である。


スポンサーサイト
  1. ワルツ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-01-10 01:55

芸術家の生涯 



この曲はヨハン・シュトラウスⅡの傑作ということで評価が高い。
原題からの直訳では「芸術家の生活」ということになるが、日本では「芸術家の生涯」と訳されて来た。
私が中学校時代から擦り切れるほど聞いたLPでも「芸術家の生涯」であった。
擦り切れる程、聞いて、やはり、この曲はⅡの作品では印象に残る名曲だと思う。





  1. ワルツ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-01-05 11:47

ヨーゼフ・ランナーのロマンティック・ワルツ

遊び人「ヨハン・シュトラウス一世」のライバルとして知られるのが、このランナーである。
駅伝のランナーではなく、ヨーゼフ・ランナーなのである。

ヨーゼフ・ランナーは1801年に生まれのウイーンのヴァイオリン奏者であり作曲家である。
これはヨハン・シュトラウス父子と同じだ。
シュトラウス一家に先立ってウィンナ・ワルツを確立させ、ヨハン・シュトラウス1世と対決しつつワルツを磨き上げていく。
彼の作品にはワルツ、ポルカ、ギャロップ、レントラーなど400曲以上。

彼は42歳の若さで病死し、これによりヨハン・シュトラウス一家がウィーンのワルツ界に君臨することとなった。

日本では天保の改革が行われ、遠山の金さんが、この桜吹雪が目に入らぬかと啖呵を切っていた頃である。  

  1. ワルツ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-01-02 22:47

わが人生は愛と喜び  ヨーゼフ・シュトラウス




ヨーゼフはヨハン・シュトラウス1世の次男。
ヨハン・シュトラウス2世の弟である。
音楽家になるつもりではなく、工学の道を進んでいたが、兄のヨハン・シュトラウス2世が多忙のため代理で作曲を引き受けるうちに作曲家になってしまった。

「わが人生は愛と喜び」は晩年の作品。
  1. ワルツ
  2. TB(0)
  3. CM(2)