カテゴリ:中国 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

2016-02-17 12:05

中国の不思議なドイツ人

「中国の不思議な役人」は、バルトーク・ベーラが作曲したパントマイムのための舞台音楽である。
ハンガリー出身の舞踏家アウレル・フォン・ミロス(1906年5月12日 - 1988年9月21日)の振付でバレエとして演奏されたので、
現在でもバレエとして上演されることもあることからバレエ音楽と混同されることもある。
しかし、これは世にも珍しいパントタイムのための付帯音楽なのである。

これとは全く関係ないが、昨日は中国の国営企業にかつて在籍していた中国人と雑談した。
合弁企業は昔からドイツが圧倒的に多いとか。
ドイツの会社と合弁企業を作るとドイツから実の多くの人材が家族と一緒にやってくるらしい。
日本企業とはまるで違うようだ。
「日本は単身赴任が多くて、直ぐ帰るね」とのこと。
それに、ドイツの場合は、明らかに本国の会社で邪魔になったあまり優秀でない社員も
左遷のように大量にやってくるらしい。
給料も良いので、第二に人生はここでと元気にやってくるとのこと。

中国人はドイツ人の言うことは聞くが、日本人の言うことは聞かない。
しかしながら、中国人はドイツ企業の株をチャクチャクと買い足していて、いつの間にか支配下に置いている例も多い。
私も、中国人経由でドイツ製品を扱わないかと誘われた。



スポンサーサイト
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-01-12 14:04

実は世界の工場ではなく、世界の「箱物」作り魔であった

中国が「世界の工場」であるというのは、誰が流行らせた言葉か知らないが、違うと思う。
上海に最初に行った時に、彼らは工事していた。
その後、何度も行ったが、いつも工事している。

住民を強制的に立ち退かせる。
道路を作り、建物を作る。
これで御仕舞い。

続いて別の地区の住民を強制的に立ち退かせる。
道路を作り、建物を作る。
これで御仕舞い。

これを無限に繰り返す。
工事は朝から夜中まで、周囲の騒音迷惑考えずにやっている。
道路が出来て、マンションが出来て、工業団地ができる。
でも、これでお仕舞いなのである。

「箱物」を作れば使わないと無駄じゃないか?
・・・と彼らは思わない。
「箱物」が完成すれば、仕事は終わったのである。

外資との合弁会社の工場は、ちゃんと仕事している。
国営工場あるいは民営化された国営工場は、古いけれども仕事している。
なんとか集団になるぐらい大手になると、確かに世界の下請工場で、海外からの注文を受けてOEM生産している。

しかし・・・・

1990年代の末以降に出来た工場というのは、どうなんだろうか?
2005年頃、ある工場団地に、ある会社の社長を尋ねた時、ちょっと驚いた。

その会社の工場はけっこう広く、建屋が少なくとも3つ以上はあった。
建屋を案内されたのだが、どの建物も空で、工作機械も無ければ従業員も居ない・・・がらんどうであった。
2つのがらんどうの建屋を見てから「仕事はしてないのか?」と妙な質問をせざるを得なかった。
「おお、貴方は興味があるのか?」
「当たり前だ」
「多くの見学者は建物にしか興味がないので・・」
「従業員が、仕事をしているところを見せてくれ」
「わかった」
それで3番目の建屋に入ると・・・・広い建屋のほんの片隅に、20人ぐらいの人が何かをやっている。
搬入して来た部品を組上げているだけなのであり、特別の工作機械もない。
「この広い工場をどうするのか?」
「今から仕事を取るのだ」
普通は仕事があるから工場を建てるのだが、話が逆ではないか?

それから事務所で社長の話を聞く。
以前は国営工場に居て、かなりエライ人だったようである。
「その時のコネがいっぱいあるので、仕事はこれからどんどん来る」とのこと。
驚いたが・・・ウチだけじゃない。
この工業団地の他の工場は、建っているだけで生産してないのが多いという。
生産してるのは、騙されて海外からやってきた外資系の工場だけである。

その日の晩に、日本に時々来る友人と雑談し、使ってない工場を見て驚いた話をした。
友人が言うには「今、工場を持つのがブームなんですよ。誰もが小金があれば工場を持つ」とのこと。
そして、なんと彼も工場を持っているとのこと。
「あんた、自分の工場があるでしょ」
「いや、この国は何時立ち退きになるかわからないから、その時、困らないようにと・・」

それだけではなく、なんと彼は自宅が立ち退きになった時の用心に、マンションも購入してあるという。
それも2つも。
「無駄ではないか?」
「いや、買っておけば、将来は確実に値上がりするので、無駄ではない」

中国経済の成長はこのようなインフラ整備、道路建設及び、将来は値上がりすると思われていた「箱物」を作ることにより成立していたのである。
これが崩れてしまえば、後に何が残るのであろうか?
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-01-10 12:00

中国の「本当のGDP」は、現在の3分の1程度

週間現在にコラムを書いているドクターZとは誰だろう??
Zと言えば財務省。
ドクターZは元財務官僚の笑う経済学者の高橋の旦那ではなかろうか?
以下は最新コラムから引用。、
-----------------------------------------------------------------------
1990年以降の中国の経済成長率は10%ほどだが、改ざんを考慮すると、中国の「本当のGDP」は、現在の3分の1程度だろう。直近の成長率についても、本当はマイナスである。

つまり、中国政府が、「人民元の下落は止まる」と言い切るのは、為替介入という「切り札」を持っているからなのだ。

一定範囲内での人民元安を容認して、市場が人民元をどう見ているかを判断した上で、最終的には、政府が人為的に市場の売り圧力を封じ込めればいいと考えている。

こんな国なのだから、当然、人民元も国際通貨と言えるものではない。国際通貨であるならば、国際間での「自由な取引」が確保されていないといけないが、人民元でそれはできない。

たとえばTPP(環太平洋パートナーシップ協定)でも、中国の体制問題が障害になってくる。前述したように、中国には国有企業が多いが、TPPには政府による過度な国有企業への融資などを規制する内容が含まれているため、TPPへの加入において大きな障害になる。

さらに、これも前述したとおり、投資の自由化も進んでいないため、国際間の証券の売買といった「資本取引」の自由化も不可能である。そうなると当然、人民元の自由化もできない。

つまり人民元は、本当の意味で国際通貨とは言えないのだ。形だけ国際通貨になっただけで、その中味は、将来の希望も見えない、張り子の虎である。
-----------------------------------------------
引用終わり。

中国の実態GDPは、3分の1程度ではないか・・というのは、私もかなり前のエントリーで書いた覚えがある。
これは感覚ではなくて、当時の中国発表のGDPの実態値が名目GDPの3分の1になっていたからだ。
「馬鹿正直に書くじゃないか」とその時、思ったものである。
当たり前だが普通の国は名目GDPと実態GDPの差は殆ど無い。
中国の不思議なGDPである。

http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-2506.html

2011年のエントリーでした。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2016-01-09 19:22

焚書の無い国日本と「燃やしたら仕舞いや」の隣国

今年は元旦に近所の八幡様に初詣でに行ったのだが、行列ができていたので、隣の旧別当寺に詣でて帰ってきた。
明日にでも、八幡様には挨拶に行く。
さて、このご近所の八幡様であるが、平安時代に千葉方面で大きな乱があり、京都から征伐にやってきた武将が霊感を感じて立ち寄ったとのことである。
この事件について調べて見ると、征伐に派遣された武将は彼で3人目であり、前の2人は失敗したらしい。
3人目で失敗すると朝廷のイメージが悪くなるので、第3の男は、直ぐには赴任せずに、いろいろ工作していたらしい。
その工作に立ち寄った場所まで分かっている。
反乱軍の大将の係累を訪ねて「もうやめれ」と説得させたらしいのである。
この工作の終了後に、いよいよ武将が軍を動かし、千葉県の某所に行くと、
反乱軍の大将は突然・・というか予定通り出家して、降伏したのである。
出家したのは子孫に責任が及ばないようにするためである。
子孫も首謀者と一緒に反乱軍に加わっていたのであるが、何故か(約束通り)許されている。
将軍は首謀者を捕らえて京に帰るのであるが、なんと途中で首謀者が病死してしまう。
どうも、首謀者は余命が短かったようであり、それを自覚して降伏したと思われる。
そこで、将軍は死体から首だけを切り取り、首を持って京に帰るのである。
その後、首は梟首とされたが「降伏した者の首を晒すべきではない」との裁定が出て、首は従者に返却されるのである。

日本は古来よりの法治国家であり、多くの文書が残っている。
平安時代の反乱についても、調べれば、このような経緯が分かるのである。
これは実は凄いことである。

平安時代の反乱に関する文書がここまで残っているのだから、
昭和初期の戦時売春婦に関する文書も十分に残っているはずである。
国際法に違反する東京裁判においても、戦争犯罪に関する調査は徹底的に行われた。
朝鮮から20万人も少女を強制連行して売春婦にしたのであれば、東京裁判のメインテーマになるはずである。
さらに、近年、米国は日本軍の戦争犯罪について調査し、その中で戦時売春婦についても徹底的に調査したが、何も出てこなかったことは、既に発表されている。欧米は日本以上に文書化の伝統がある。
ビジネスにおいても、決定事項は全てを文書にしてから取り交わす。そもそも口約束という概念が無い。

ところが東アジアには歴史の捏造はやりたい放題。統計データも出鱈目という国がある。
政権は革命により倒れ、前王朝の文書は焚書。その後は自分に都合の良いように書き換える。
歴史だけではなく人口もGDPなどの基本的な数字も怪しい。
これが通じると思っているのは彼らだけである。
いや、おそらく彼らも本心では通じるとは思ってないと思う。
彼らにとって真実とは「最後に言った言葉」でしかない。

最初に中国に行った時、渋滞で車がストップしてしまったので、何じゃとて・・・と車を出て前に言ってみると接触事故であった。
なんと2人の運転手が「お前が悪い」と討論していた。
どっちの責任かの討論が終わらないので車が動かせず、どこまで続く渋滞になっているのである。
彼らは自分の非は絶対に認めないし、謝罪しないので非難合戦は終わらない。
やがて公安の車がやってきて、公安が判断すると、延々と続いた論争は終わるのである。
権力のある第三者が登場するまで、彼らは言い争いを続けるだろうし、それに付き合うのは時間の無駄である。
強制力のある第3者機関に仲裁を申し込まないと終わらないのである。

日本及び米国にいくらでも文書があるではないか。
これを使ってやるべきことをやりましょう。
本当の首謀者は日本国内に居るのだから。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-01-07 21:31

そして、今は・・・

去年の秋まで×20でしたが、今は×17となりました。
人民元のレートです。

×20になった時のエントリー参照。

http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-4302.html

爆買いの原因は×20になったことであり、それは春の日の夢のごとし。

本日は隣町まで散歩。
駅前で建設中の高層マンションに、なんと「まだ買えます」との看板が。
ここは、建設を始めたら中国人が爆買いして一瞬にして売り切れたはず・・・なぜに?
実はその時、これが完成するまで中国は持たないので、
多分、完成前に再募集することになろうと思ったですわ。

そして、今は・・・でも聞いてくんろ。



  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-01-07 13:34

文明の衝突 1993 

ハンチントンは1993年の7月に、米国の外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」に「文明の衝突?」なる論文を発表した。
この論文は、かなり書き足されて1996年に分厚い書籍として発表された。
それから1998年になり日本語版が刊行された。
この時期、お前は読んだか?感想は?と企業の調査部関係より、やたら電話が掛かってくるので、
仕方なく購入。2980円であった。

欧州及び北米への非西欧人の移民をめぐり軋轢が高まっていること。
中国とイラン・パキスタンとの儒教・イスラム・コネクション
中国が南シナ海に進出し、東南アジア諸国との軋轢が発生していること。

などが分析されていた。

そして、文明的には日本は孤立しており、世界のいかなる国とも文化的に密接なつながりを持たない。
そのため、日本と他国との関係は文化的な繋がりではなく、安全保障及び経済的な利害によって形成されること。
日本は他の国と同じ文化を共有することから生じる義務に縛られない。
他の国が持ち得ない行動の自由を欲しいままにできること。

以上のことから、日本が世界に対して何ができるのか?
真剣に議論して貰うといいですね・・・と日本語版の序文には記されている。

現在、発生している多くの事態は20年前からのテーマであり、世界も20年間停滞していたとも言える。
世界の政治指導者の劣化、行政の硬直、学者の無能化、マスコミの腐敗は凄まじい。


  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2016-01-06 23:55

江崎道朗氏の講演  ご参考







  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-12-17 22:23

中国出張・忙中閑有

tyuugokuhiroi.jpg


私は20歳代の頃からビジネスで国内各地に出張しており、もはや殆どの主要都市は行き尽くしている。
北は稚内から南は石垣市となる。
国内出張の合間に海外にも出張するようになった。

中国については巨大な国だと言われていたので、最初は「ドエリャー広い」と思っていたが、
最初の上海出張で驚いたのは、飛行機が九州を離れて、五島列島の上を過ぎると早くも降下を開始したことだ。
まるで池を飛び越すようではないか・・・余りにも近すぎるぞ。

その後、分かったのであるが、東京が上海だとしたら、北京は札幌あたりの位置であり、その程度の距離なのだ。
そして、広州・香港は奄美大島あたりである。
西安なんてのも長崎あたりだし、一番、遠い主要都市の成都で、ようやく石垣あたりではなかろうか?
ウルムチあたりまで行けば、それは遠いですけど、
主要な人口集中都市は、ほぼ「国内出張・忙中閑有」の延長で終わってしまう。
そして、驚くべきことは、それ程、離れていないのに、言葉が通じないとうことだ。
上海の松江あたりの工場で働く労働者は北京語など通じないし、聞こうともしない。
「我々が上海語をしゃべらないと言って笑ってるのよ」
と北京出身の社長の奥様は「ここは、嫌なところだ」と怒っていた。

ニューヨークからサンフランシスコまでは確かに遠い。
米国は「どえらく広い」と思うが、中国は、そんな感じではない。


  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-12-15 13:57

北京の青空 万里の長城を添えて

blog_import_524f8deb55c54.jpg

これが、私が始めて北京を訪問した時に撮影した北京の青空です。
それにしても、いい車、転がしてるじゃないのさ。

blog_import_524f8de96fd61.jpg

そして、これが昨日、訪問した北京の空。
大気汚染最悪レベルの北京市、ついに「首都圏機能」移転を決定
緑豊かな通州区に「副都心」建設へ

いやあ、酷いですねえ。
最悪ですねえ。
住民の皆さん、ガスマスクの状態ですねえ。

.・・・・・・・というのは冗談です。
この2つの写真は2008年の3月の下旬のある日と翌日に撮影したものです。
一夜にして環境が悪化した・・・とは思わなかったが、翌日はまた綺麗な青空でしたよ。

昨年、北京を訪問した旅行者のホームページを見て下さい。

http://www.abaxjp.com/china1405-00/china1405-16sora.html

http://www.abaxjp.com/china1411-29sora/china1411-29sora.html

特に思想的にどうのこうの・・という所もない、単なる旅行者の素朴な疑問というところです。
けっこう、晴れの日に恵まれたようで、運が良いですな。

北京というところは、砂漠に近いので、一日にして空が激変するのです。
それは1990年代の末もそうでしたし、2008年頃もそうだし、現在もそうなんでしょう。

ここ数年、意図的に「北京の公害」のニュースが流されているのですが、
要するに「金呉れ金呉れ」コールではないかと思っているんですけどねえ。
-------------------------------------------------------------
北京郊外の万里の長城  

P101100940.jpg

よくぞ、こんなものを作ったものだと思う。延々と地平の彼方まで続いている。

P100094441.jpg

城の上は、こんな感じ。
この日も晴天なのであるが、太陽に向かって写真を写せば、空は白くなる。

P104400939.jpg

----------------------------------------------------------------
<補遺>

英紙「フィナンシャル・タイムズ」の10日付記事では、アジア開発銀行は、北京の大気品質改善に3億ドルの貸付を提供する。

北京と天津の大気汚染の主要因になる河北省の石炭消費量の削減に当てられる。アジア開発銀行の専門家によると、中国が全力を尽くしているが、「汚染問題は相変わらずそこにある」。河北省の経済・産業構成が根本的な原因だ。中国で汚染が最も深刻な10都市のうち、7都市は河北省にある。
「フィナンシャル・タイムズ」によると、中国が海外からの融資を環境関連政策策定に盛り込んだあり方は異例だ。大気汚染というこの複雑な議題に対し、中国は政策対話に開放的だ。

----------
このような記事が黄砂の降る日の天安門前の写真(若者がマスクしている・・・ありふれた光景)と合わせて掲載されていました。

中国は海外投資がないと、どえらい事になってしまうので、今は酷い公害を演出して、金を借りまくる算段です。
VWの話が突然、9月にわざとらしく発覚したのもCOP対策。
COPが終われば・・・CO2削減のために、中国の石炭消費による大気汚染をなんとかしないとね・・ということで、早くもフィナンシャル・タイム誌が予定の記事をば掲載。先進国の環境対策企業殿、まだまだ、お仕事ありまっせ・・と告知。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-11-30 20:12

そして、今頃×20となった

analytic.gif

今年の秋は広州、そして12月初旬は上海の予定であったが、行かないで済みそうだ。
後輩が広州から帰ってきたので、感想を聞くと・・・物価が高いっす・・・とのこと。
まあ、彼は前回は2012年に東シナ海を渡ったのだからムリはない。
この時期は×12の世界である。
請求が100元であれば、1200円。
それが今は×20
請求が100元であれば2000円である。
「日本に居るつもりでコンビニで買い物すると、ごつい請求、きよりますねん・・・油断できないス」
しかし、食事は外資の店及び日本人向けの店を避ければ、相変わらず安い。
色々食べて、飲んで、満腹じゃああ、もう入らん・・・という状態でも、勘定は日本円で1000円ちょっと。50元ですな。
高級店で満腹になるまで食って飲んで・・おそるおそる清算したら・・・1人100元であったという。
確かに、昔の感覚で考えても広州で1人100元の食事は高い。2000円ですからね。

物価が急激に上昇しても、食費だけは上昇を抑えている。これで暴動がいくらか減るのであろう。

日本に来て爆買する要因は人民元高にある。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-11-10 18:08

町内の古老の呟き

町内に鉄鋼業界のOBが住んでいるのだが、今日も茶飲み話にやってきた。
そこで、気になっていた話を聞いてみた。
「あのう、中国は本当に日本の8倍も鉄を生産しているのでしょうか?」
「生産しているよ」
「世界第2位の日本の8倍というのが、どうも信じられないのですが・・なんで?」
「後先を考えずに製鉄所をどんどん作ってしまうのですから・・・そこまでやるか?という感じ。国営企業ですから政府がやると決断したらやるのでしょう。鉄を作ってから何に使えるかを考える・・・そしたらマンションとかビルを狂ったように作ることになったのですよ」
「今は鉄が余ってしまって、日本にも安く入ってきているようですね」
「トンで3万5000円ですから、大根より安いわ」
「ええと、1トンは1000kgですから、キロ35円ですか・・大根どころか、これ以上安い物ないんとちゃいますか・・日本製はいくらなんでしょ」
「今は一番、安いザラ物で5万円程度でしょ」
「価格競争で負けますね」
「大迷惑です」
「いつごろから、こうなったんです}
「北京オリンピックの前はけっこうな高値で、日本からも輸出していた。トン15万円ぐらいかな」
「3分の1ですか、これはきつい」
「でも、中国製の安い鉄が入ってきても、あまり使い道がないのです」
「何に使われているのですか」
「工事現場でダンプとか重機が入る場所に、鉄板を敷いていることあるでしょう。あの鉄板が中国製です」
「ほえええ・・・他には??」
「鉄筋コンクリートの鉄筋の部分に採用が増えているんじゃないかな、建築用はたわむ必要ないんですから不純物の多い鉄でも使えます」
「吊橋のワイヤーのように、たわむものはダメですか」
「ダメですなあ」
「自動車に使うハイテンションなどは?」
「無理でしょう。ボディに曲面が無い自動車で、かつ重量を気にしないのでであれば可能かも知れないが?」
「家電とかには」
「これも曲面があるからキツイかと」
「・・・そうなると、日本の8倍の生産量があっても、使えるのは建設用のみではないですか」
「だから、猛烈な勢いで、各地のゴーストタウンが出来たのです」
「今後はどうなるんでしょうか」
「えらいことになりますよ」
「技術の進歩は?」
「我々は1970年代に韓国に教え、1980年代に中国に教えました。今や中国は世界の鉄の半分を生産し、日本経済新聞の報道によると自動車用ハイテンションでも日本企業は負けてしまうということですから、お手並みを拝見するしかないでしょう。現場レベルの感覚では当分無理だろうが、最近は永遠に無理かも?に変わってきました」
-----------------------------
最近、色々な人に意見を聞いているのだが、現場で仕事をしてきた人間ほど「中国はえらいことになる」と呟く傾向がある。

ご参考  日経ビジネスの2010年の記事の一部です

ヘルメットイッキはやめたけどまだまだ強いニッポンの鉄
2010年11月4日(木)フェルディナント・ヤマグチ

「生産量がどんどん増えてきて、いつの間にか日本を抜き去ってしまいました。私はそのうち技術の面でも抜かれてしまうのでは……と危惧しているのです。最近はクルマに関する記事を書いているのですが、そのうち自動車用鋼板も中国メーカーに取られてしまう……。こんなことにならないでしょうか?」
「ないですね。10年早い」
「10年……ですか?」
「そう、10年。彼らが日本の最先端の鋼板に追いつくには最低でもまだ10年はかかると思いますよ」
「そんなにかかるでしょうか。何しろ向こうは国を挙げてやっていますからね、彼らが本気になったら、5年、いや3年くらいでキャッチアップされてしまうのではありませんか?」
「そう思うのなら、一度ウチの製鉄所に遊びにいらっしゃい。生産設備を見ながらエンジニアと話をしてもらえば納得できると思いますよ」
「えぇ!そりゃ凄い。面白そうだ。是非お願いします!」

こうして実現したのが今回のインタビューです。世界最大級の製鉄工場である新日鉄の君津製鉄所を訪ね、企業秘密がてんこ盛りの研究所と、物理的にマジで暑い工場で(何しろ目の前を1000℃を超える鉄のカタマリが凄い勢いで流れていくのです)、熱いエンジニアからお話をうかがいました。
*   *   *
F:お忙しい中お時間を頂きまして恐縮です。今回は自動車向けに作られる“ハイテン材”を中心にお話をうかがいたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
M、FU、Sの3人:こちらこそよろしくお願いします。
F:のっけから失礼なことをうかがいます。新日鉄の自動車向けハイテン材は“今のところ”世界一の最高級品。しかし韓国や中国の技術的な進歩にも目を見張るものがあります。そう遠くない将来、彼らに追いつかれてしまうのではないでしょうか。玉井さんに同じ質問をしたところ、“10年早い”とおっしゃっていたのですが。

M:そうですか、玉井は10年と言っていましたか……。
F:はい。私は少し楽観的に過ぎないか、と思って聞いていました。
M:いや、逆ですよ。むしろ玉井の意見は悲観的です。彼らは15年たっても我々には追いつくことはできません。
F:ははあ……自信満々ですね。
M:もちろん根拠があるから言っているのですよ。鉄を作るのはノウハウの塊です。そう簡単にマネできるものではありません。
F:世界で生産される粗鋼のうち、既に半分以上は中国産であるわけですが。
M:その中で自動車用に使える高級な鉄をいかほど作っているかというと、まだまだ少ないのが現状です。ある程度作れるのは、上海宝山鋼鉄なのですが、あそこだってまだまだ。実はあの製鉄所は当社が作ったようなものなんですよ。鄧小平さんが来日されたときにウチを見学されて、「ぜひ我が国にも同じものが欲しい」と仰ったから実現したプロジェクトなのです。
F:鄧小平国家主席の工場見学……山崎豊子さんの「大地の子」に出てくる話ですね。
S:そうです、そうです。1978年。日中国交正常化が72年ですから、その6年後ですね。さっきヤマグチさんにご覧頂いた圧延工程のラインには急な階段しかなくて、鄧小平さんは足が弱かったので、急きょなだらかな階段をこしらえて……(笑)。今でもその階段は残っているんですけれど、我々はそれを“鄧小平階段”って呼んでいます(笑)。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2015-08-25 22:50

中国では常に化学工場が爆発する

偶然、続いたのです。
いや偶然ではなく、いつも爆発しているのです。

本当か?

-------------------------------------------------------
中国の遼寧省で8月13日21時(中国時間)ごろ、ボイラー工場で爆発事故が発生した。
中国では前日にも天津の工場で大爆発が起きており、ネット上は2日連続の事故に騒然としている。
遼寧省での事故の様子は、各メディアが写真付きで報告。
写真には、大きな火の手が上がり、炎が街を赤く照らしている様子が映っている。
現時点で怪我人は確認されていないという。
液体に引火した火災で爆発ではないとの報告もあり、天津のような被害はないとみられる。
とはいえ、2日連続で起きた中国での爆発事故。ネット上では「テロなんじゃ?」「またどっかで爆発すんじゃないの」「内戦とかクーデターのたぐいなんじゃないの」などと関連性を疑う声も出ている
------------------------------------------------
中国山東省の化学工場で爆発1人死亡 8月23日

中国沿海部・山東省の化学工場で22日夜、大きな爆発と火災が起きて、これまでに工場従業員1人が死亡し、有毒な化学物質が爆発の原因とみられることから、工場から半径1キロの範囲に住む人たちが避難しています。
この爆発で工場から5キロほど離れた場所に住んでいる人が揺れを感じたほか、多くの住宅で窓ガラスが割れたということで、地元政府によりますと9人が病院に運ばれ手当てを受けているということで、その後工場従業員1人が死亡したことが確認されたということです。
消防によりますと、気化しやすく燃えやすい性質があるアクリロニトリルという有毒の化学物質が爆発の原因とみられるということで、警察は現場に通じる道路を封鎖し、工場から半径1キロの範囲に住む人たちが避難しています。
中国では今月12日、天津の港近くにある倉庫とその周辺で大規模な爆発が起き、22日までに121人が死亡、54人が行方不明となっていて、生産現場での安全管理が大きな課題となっています。

アクリロニトリルとは
アクリロニトリルは、アクリル繊維や合成樹脂などの原料として広く使われている引火性の高い猛毒の液体です。厚生労働省によりますと、皮膚に触れたり、吸い込んだりすると生命に危険を及ぼすほか、がんになるおそれもあり、保管する際は容器を密閉することや火や熱から遠ざけることが必要だということです。

爆発工場付近には日系企業56社
山東省を管轄する青島の日本総領事館によりますと、爆発があった工場のある※シ博では日本人32人が在留届を出しているほか、日系企業56社が進出しているということです。いまのところ、日本人が被害にあったという情報は入っていないということで、総領事館が情報収集にあたっています。



-------------------------------------------------------
中国:化学工場でまた大規模火災 河南省
毎日新聞 2015年08月24日 

河南省鄭州市の化学工場で24日、大規模な火災があった。
また江蘇省蘇州市の化学工場でも23日に大規模な火災が発生した。
いずれも負傷者が出たとの情報はない。
鄭州市の火災では大量の化学物質が燃え、周囲では一時異様なにおいが充満した。
------------------------------------------
さらに・・・中国山東省青島市黄島の経済開発区で16日夜 ゴムと木材を保管する倉庫

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-08-20 13:55

進撃の巨人




鍛冶俊樹の軍事ジャーナル
第201号(8月20日)進撃の巨人

より一部を転載します。

 「進撃の巨人」は原作は漫画で、未来が舞台のSFホラーである。容貌魁偉な巨人たちが押し寄せては人間を食い散らす。人間たちは城壁を築いて侵入を食い止めていたが、ある日突然城壁が壊され巨人たちが町に乗り込んでくるという物語である。
 この原作が香港の学生たちの間で大人気となった。押し寄せる巨人は中国共産党幹部で、喰われる人間たちはまさに香港の住民そのものに、彼らの目に映ったのだ。香港民主活動のバイブルとまで言われるに至った。
 これを裏書することになったのが6月に開かれた上海国際映画祭だ。「進撃の巨人」アニメ版が上演されることになっていたのだが、中国側は直前になって一方的に中止を通告した。しかも理由を明らかにしない。これでは「中国共産党幹部が進撃の巨人だ」と認めたようなものである。




  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-08-13 12:51

Bringing In The Sheaves

終戦後の円ドル相場は進駐軍が決めれいた。
最初は1ドル=15円であったが、その後の猛烈なインフレで1949年には1ドル=360円となった。
1949年から1971年8月までは1ドル: 360円の固定レートであった。
1971年8月に何があったか?
ニクソン・ショックでんがな。
その後、スミソニアン協定でドルの切り下げが決められ、1ドル=308円となった。
1973年にはドル円の変動相場制へ移行した。
変動相場制の導入直後に1ドル=260円台まで円高が進んだが、
1973年秋のオイルショックで1ドル=300円近辺まで戻り、1976年末頃までしばらく安定の時代となった。
1977年から円高が進み200-250円で推移した。
その後、ニューヨークのプラザホテルで竹下さんが米国に「うん」と言ってしまったプラザ合意があり、
その後、どんどこ円高が進行した。
為替相場に、国が介入することは掟破りであり、あってはならないことである。
とはいえ景気対策に使用するため輪転機を回して紙幣を印刷すれば・・・国際市場では相対的に価値が下がるのであるが、これは国内市場では関係ない。
昨日、1000円のものは今日も1000円で購入出来るでしょ。両替が必要ないからね。

さて、為替レートは本来、世界の金融マーケットでの取引によって、需要と供給で決まる。
日本銀行が今日は1ドルは150円にするだ・・・と決めても・・何に役には立たない。
それは国際的に開かれた通貨であるからだ。
中国の人民元は3日連続で切り下げとなり、これをネタに株式賭場が沸き立ってますが、
正確に言うと、人民元の対ドル相場の基準値を切り下げたということ。
この対ドル相場に基準値は毎日、発表されていますので、明日も切り下げかもしれない。
これが可能になるのは、人民元は世界の金融マーケットで自由に取引できるものではなく、
中国政府の規制と為替介入によりコントロールされているからだ。
人民元は、外国人が勝手に購入する(両替して持ち帰る)ことも、中国人が海外へ持ち出す事も一定金額までと規制されている。
上海株を外国人が購入できないのと同じなのである。

そんな市場であっても、世界の金融ジャーナリズムがGDP世界第2位の経済大国と誉めあげるのは何故でしょうか?




毎日新聞の井出記者の記事 一部にデスク改竄疑惑あり

【北京・井出晋平】
中国人民銀行(中央銀行)は11日、通貨・人民元の対米ドルの基準値を、前日基準値よりも2%近く切り下げた。
基準値の算出方法を同日から変更したため

元安・ドル高に誘導することで輸出を促進する狙いとみられる。デスク改竄疑惑

人民銀が、同日朝に公表した対米ドルの基準値は、1ドル=6.2298元で、前日(6.1162元)から約2%の元安・ドル高に設定された。
市場では、中国経済の減速や、米国の利上げが年内にも見込まれることを受け、元は基準値よりも下落する傾向が続いていた。
人民銀は声明で、「最近、基準値と市場の変動がかけ離れており、基準値の権威に影響していた」と、切り下げの理由を説明。
各銀行から、毎朝報告されるレートをもとに決めていた基準値を、前日の市場の終値を重視する方法に変更したという。
 中国では、輸出が振るわない状況が続いており、当局が元安を容認することで輸出を後押しする狙いがありそうだ。デスク改竄疑惑
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-08-02 23:52

全ては秩序に戻る

無題

確かに金価格が暴落である(米国市場)。
それも、たった2日で、ここまで落ちるとは。

金

しかし、2000年から2004年頃までは、今の半値以下であった。
この時代は米国はバブルであり、不動産価格が上昇し、サブプライムローンが花盛りであった。
日本は米国のバブルの一部の恩恵を受けつつ、小泉構造改革と元祖「成長しない戦略」で実感なき好景気。
そして、日本の金は「円キャリートレード」で米国に出てしまう。
そして、金はあまり動かなかった。
これが上がりはじめたのが、2005年。
この時にリーマン・ショックを予感すべきであった。
そして、金といっしょに原油が上昇しはじめた。
2008年秋のリーマンで金は一瞬だけ暴落したが、2008年末にiは上昇に転じて、2013年までどんどこ上昇。
景気が悪くなると株式などの資産が売られて金が買われるので、そうなった。
2013年に最高値となり、その後は徐々に下がりはじめていた。

それから今年になってからの奇妙な現象。
金の10分の1以下しか取れない希少金属である白金の価格が金より遥かに低くなり、それが現在も続いている、
寝ないで考えても、この謎は解けない。
ありえない事態である。
白金は自動車の触媒や白金プラグに使用される。実需があるのだ。
自動車の世界生産は落ちてないことになっている。
何故に白金の値段が金より下がるの?
このような「謎」の状態ですから金価格は何時、暴落しても不思議ではない状態であった。
そして、今回は中国が金保有量を、何の前触れも、予定も無く発表したのが引金となった。
保有量は毎年発表されてはいるが、発表する時期でもないのに、何故に発表したのか?
商品相場は丁半博打である。
公式に「投資ではなく投機である」ことが定められている。
ですから、下がることが分かっていれば「下げ」に賭けるに決まっている。
中国政府が突然保有量を発表し「おんや、予想より少ない」と分かれば下がるに決まっている。
共産党の組織を通して情報が流れていれば国家インサイダー取引疑惑ちゅうことになる。
金価格の暴落後は、彼らは安くなった金を買い、採算が合わなくなった海外の金鉱山まで入手している。
さすがは陳周明(ハリマオに出てくる謎のシナ人)の末裔である。

欧米の景気はリーマン・ショック以前の状態に戻った。
米国は世界一の石油生産国となったが、サウジに足元をすくわれた。
原油が去年の秋にリーマンの前に状態に戻り、続いてプラチナが暴落、そして今回の金である。
上海株の暴落は、こうした動きを隠すエピソードのような気がする。
閉鎖的な市場で人為的に作られた高値だから、当然、暴落させて儲けようという人達が出てくる。
日本のテレビだけに執拗に写し出される絶望老人、絶望オバサンが、なぜかわざとらしく感じられて仕方が無いのである。

20150718043927e36.jpg

d81f01f8-s_20150709073424b99.jpg

img_7056ee175ae455a0a48bb4fa9c68f863172444.jpg

12.png



  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-06-10 13:25

中独合作と日本

今時の自動車生産のトップは、もはや米国のBIG3であるはずもなく、トップがトヨタ、二番手はVWなんですね。
トヨタが年間生産1000万台を突破したのは2013年。VWは2014年。
VWの追撃は激しく、もうじきトヨタを抜くと思われます。
まあ、お先にどうぞ。
それで、なぜにVWがトヨタに追いつき・・・追い越しそうかと言えば、中国での生産拡大です。
VWは1984年に上海汽車との合弁で中国に進出してから、すでに30年。
第一汽車、上海汽車との合弁工場がすでに9工場ある。
さらに2017年と2018年に2工場が完成して現在の年間300万台の生産規模が500万台になるのです。
凄いですね。
その頃には年間1500万台の世界トップのメーカーになっているのでしょう。

一方、トヨタは遅れて中国に進出して、今のところ生産規模は100万台程度。
広州への新工場設立を発表しているが、これが完成しても120万台レベルである。

結局、欧州&中国がVW・・・この両市場で75%。
北米&日本&アセアンはトヨタ・・・・この3市場で64%

VWの中国市場依存度は36%ですから、これからの中国市場の順調な発展が重要なんですわ。

それにしても、最近の中国、欧州、米国、ロシアの政治的・経済的な位置関係が戦前にそっくりなのは、
町内と爺様も指摘しています。

19世紀後半、中国貿易の主導権はイギリスが握っていたが、
ドイツはイギリスに対抗できるよう1890年にドイツ・アジア銀行を設立した。
清国は ドイツとの協力関係を基にして近代化を進めようと考えた。
日清戦争で日本と戦った北洋艦隊はドイツ製である。
日清戦争の敗北後、ドイツは清の軍事顧問となり、さらに経済や技術面での支援も行った。

その後も、幾時代かがありまして、茶色い戦争ありましたが、中独合作は何度も繰り返されたのです。

中華民国の蒋介石の後ろに居たのもドイツです。
「日本一国だけを敵とし、他の国とは親善政策を取ること」とも蒋介石に進言し、
「いまもっとも中国がやるべきは、中国軍兵に対して、日本への敵がい心を養うことだ」とも提案したにもドイツ。
現在の中国の反日政策のベースを作ったのはドイツなのです。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2015-06-06 18:58

安倍総理訪米後の世界はどうなるか? 馬渕睦夫





上の動画は両方とも前半だけです。
後半はAERの会費を払わないと見れません。
私は私は月1000円を払って見ております。


日本と米国との和解は終わっていないが、
今回の安部首相の両議員総会での演説は、
和解の切っ掛けとなった。
真の和解は米国が自らの戦争犯罪を認めることである。
この認識は、団塊世代が小学校、中学校で教師から教わったことと同じである。

それまで日本は臥薪嘗胆でがんばるしかない。
先生が黒板に大きく「臥薪嘗胆」と大書した文字が忘れられない。
そして、ロシア問題。
2月のウクライナの第二回目の停戦で流れが変わった。
現在、安部首相はウクライナに居り、米国の傀儡大統領と面談中だが、、
この停戦の履行はロシアこそ望んでいるものだ。
時代が確実に動き出している。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-02-17 09:32

悪事は常に進歩する

以前に書いたものだが・・・・

http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-4188.html
これは2005年頃の話で、その後はさらに巧妙に進化しているというか、より効率的に悪事が進化しているようである。

工場内での悪事の撲滅が進んだので、税関を抜けて工場に到着する途中で「あ・あ・あイミテーション・ゴールド」されちゃうらしい。

そうですか、その時間を利用したのか。
確かに出張初心者にとっても、空港からタクシーでホテルに着くまでの間が「危険」ですからね。

イミテーション・ゴールドのカバー(本物を貼ると通報され削除されちゃいますからね。)

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-12-26 11:47

イミテーション・パワー

「連中は建設的なオリジナリティはないが、イミテーションを作る技術と悪知恵は素晴らしい」
しかし、これだけは誉めた話ではないのです。
なんで、このような負の才能が発達したのでしょう。

中国の工場に生産委託をすると、日本から送った高級部品が工場内で盗まれる。
部品が一つ足りなくても製品は完成しないので、出来上がり数が減ってしまう。
それで、高級部品の倉庫及びその部品が通るルートに防犯カメラを置く。
これで部品が盗まれることもなくなった。

これにて一件、落着と思って安心していると・・・。
敵はサルものである。

暫くしてお客様相談室から「どうも製品にクレームが多い。何をやってるのか」と苦情が来る。
調べてみる。
外見では何の問題も無い、
動作確認も普通に動く。
なんでやねん。
それでも苦情は続く。
お客様相談室長から「テッテテキニ調べろ」と怒りの電話が入る。

徹底的に調べると・・・なんと部品がスリ変えらていた。
部品の外見は全く同じのデッドコピーであったが、その中身は低級品であった。
要するに日本から送付した高級部品の一部が盗まれて、それが外見はそっくりの低級品に代わっていたのである。

中国では全国各地にある部品市場(部品城という)がある。
そこで、まずは日本製高級部品のコピー商品を購入する。
次に工場内の高級部品と、そのコピー商品をすり変える。
次に、横領した高級部品を部品城に持ち込み売り捌く。
その差額が儲けであり、犯人グループで山分けにする。

これを大がかりでやるとバレてしまうので、様々な部品を少数、すリ変える。
すると、長い期間に、バレないで小銭が稼げる。
偽部品に当たってしまった日本の消費者が不運である。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-11-15 22:34

合意文書はなかった

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-08-24 13:21

中国への邦人定住者は2835人です

イメージ034

海外在留邦人数調査で中国への在留邦人数が15万人もいる。
中国人が逃げ出しているのに馬鹿ではないか。
家族だけでも返すべきだ。お前らが死んでも自己責任だ。
・・・てな話を書いている人が多々ありました。

五月蠅い、余計なお世話だ。
しかしね、15万人はいないだろう、これは瞬間的な延人数だ・・・・とコメント返ししたことがある。
今年も外務省の調査が8月15日に発表されたが、15万人が10%ダウンで13万人になっていたが、
その13万人の内実は3ケ月以上の長期出張である。

海外在留邦人調査の在留邦人は、定住者と長期滞在者と分かれている。
この長期滞在者は日帰り程度の出張者まで数えたら「きりがない」ので、
3ケ月以上のところで線を引いているのである。

それで上のグラフを見てもらえば中国は定住者が極めて少なく最新調査で2835人である。
これだけ長期滞在者の比較しれ定住者の少ない国はないわけで、誰も住みたくないのである。
在留邦人は世界第三位のオーストラリアと比べてみればわかる。
定住者が少なければ、それだけ他の社員が交代で日本から出張することになる。
それで13万人になるのだが、内実は出たり入ったりの延人数である。
在中国日本企業の数も実は良くわからないのであるが、
1社当たりの日本人の数は2人、多くて3人程度である。
基本は現地のオペレーションでやっている。
こういう状態なので、時々、日本からの3ケ月程度の出張でサポートすることになる。
安いホテルに長期宿泊し「シーツを洗え」「水が貴重なので洗えない」「シャワーが出ない」「上階なので揚がらない」とホテル側と不毛な交渉をしながら過ごすのである。

仕事ですからね。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2014-08-20 15:05

賄賂の殿堂にて

デンソー、自動車部品取引で中国独禁法違反…制裁金約25億円
デンソーは8月20日、中国での一部自動車部品の取引に関して、独占禁止法に違反したとして、中国国家発展改革委員会から1億5056万人民元(約25億円)の制裁金が課せられたと発表した。
今回の案件は、同社を含めた複数の事業者に関して中国独占禁止法に違反した疑いがあるとして、中国国家発展改革委員会から調査を受けていたもの。
同社では、独占禁止法順守の強化策を継続的に実行し、再発防止に万全を期していくとしている。
なお、制裁金については、2015年3月期第2四半期決算において、特別損失として計上する予定で、業績への重要な影響はない見通し。
-------------------------------------------------
日本の12社、独禁法違反=自動車部品、罰金200億円―中国
時事通信 8月20日(水)

中国国家発展改革委員会(発改委)は20日、日本の自動車部品メーカー12社が独占禁止法に違反したと認定し、計12億3540万元(約200億円)の罰金を科すと発表した。
中国中央テレビは、同国の独禁法違反事案では過去最大の罰金と伝えた。
2000年から10年以上にわたって価格カルテルを結ぶなどしたことが、完成車価格の押し上げにつながり、消費者の利益を損なったと判断した。
12社は、日本精工(罰金額1億7492万元)やNTN(同1億1916万元)などベアリングメーカー4社と、デンソー(同1億5056万元)、矢崎総業(同2億4108万元)、古河電気工業(同3456万元)など8社。
密接に連絡を取り合った上で、値上げを決めるなどしたという。
発改委は日立製作所子会社の日立オートモティブシステムズと、不二越については、違反を認定しながらも、自発的に関連状況を報告し、重要な証拠を提供したとして、罰金を免除した。
-------------------------------------------------- 
日本精工は、中国での軸受の取引に関して、独占禁止法に違反する行為をあったとして、中国国家発展改革委員会から1億7492万人民元(約29億円)の制裁金の支払いを命じられたと発表した。
同社は、社内調査により判明した事実を受け、中国での軸受の取引に関して、同委員会による調査に協力してきたとしている。
また、同社では「このような事態になりましたことについて、厳粛に受け止め、外部専門家等の指導を仰ぎながら、一層の法令遵守の徹底に努めるとともに、信頼回復に向け全力を傾注する」としている。
制裁金の支払いに伴って、2015年3月期の業績予想の修正が必要となった場合は、速やかに開示するとしている。
------------------------------------------
中国国家発展改革委が日本の自動車部品メーカー12社に独占禁止法違反で罰金を科すと明らかにした問題で、住友電気工業は20日、同委から行政処罰決定書を受領したと発表した。
課徴金は2億9040万元(約48億円)。業績予想の修正はないとしている。
また、ジェイテクトも1億0936万元(約18億円)の制裁金支払い命令を受けたと発表した。
業績予想への影響は精査中という。(2014/08/20-11:54
----------------------------------------------------
ベンツ、独禁法違反の疑い=補修部品価格を操作-中国
新華社電によると、中国江蘇省で独占禁止法違反の調査を担当する当局者は17日、ドイツ自動車大手ダイムラーの高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」の現地販売店などを調べたところ、不正に補修部品の価格をつり上げている証拠が見つかったと明らかにした。
補修部品をめぐっては、日系を含む多くの自動車関連メーカーが調査されている。
同省の独禁当局は国家発展改革委員会(発改委)の指示を受け、7月下旬から販売店を立ち入り検査するなどした。
同当局者は「ベンツは主導的な地位を利用し、アフターサービス市場で補修部品価格を操作している」と指摘。
完成車メーカーが販売店での部品価格つり上げに深く関与しているとの認識を示した。
-------------------------------------------------------------
補修部品についてはディラーでもB部品と呼ばれるイミテーションが使われており、
さらに各地にある部品城(巨大部品市場)では、C部品もD部品も
・・・禁断のZ部品に至るまで何でもありなんですけどねえ。
そういう部品が世界の流通してトラブルを起こしているのですけど。

「山の魔王の宮殿にて」を聞くしかないです。


  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-08-17 11:33

ついに大恩あるVWも餌食に 

天安門事件の時に日本の大学で勉強中の中国人は帰国を止めた。
自分と同年齢の古い友人たちが、どのようになったかを知っていたから。
そして、日本の会社に勤めた。
しかし、やがて事件の記憶が薄れ帰国しても大丈夫そうだと分かると、当初の予定通り帰国した。
数年前に取引先企業の廊下で中国から商談に来ていた彼とばったり会った。
その後、喫茶店で雑談。
その時に、中国政府はもう外資は要らないと思っているらしい・・という話を聞いた。
--------------------------------------------------------------------
中国紙、経済観察報(電子版)は12日、中国当局が独自動車大手、フォルクスワーゲン(VW)の中国合弁企業に対し、独占禁止法違反で18億元(約300億円)の罰金を科す見通しだと報じた。2008年に中国が独禁法を施行して以降、最高の金額という。当局はトヨタ自動車など日系や、欧米系の自動車関連企業を調査している。罰金などになれば、近く結果が明らかになるとみられる。

中国当局は、VWが中国で発売している高級車「アウディ」の部品価格を不当に高くしているとして、問題視している。

調査対象には、ドイツのメルセデス・ベンツ、BMWや米クライスラーのほか、日系12社が含まれる。既にトヨタやホンダの中国合弁会社は部品の値下げを決めた。

中国の乗用車市場では海外ブランド車の人気が高く、国産メーカーの販売が伸び悩んでいる。一連の調査は国内産業の保護を狙った当局による外資たたきとの見方も出ている。(共同)
--------------------------------------------------------------
VWは自動車メーカーではいち早く中国に工場を進出させた。
ドイツ本国では生産を止めた古い型を持って行った生産したとはいえ、誰もが躊躇する共産国に最初の進出したというのは中国にとっては大恩ある存在。
松下さんが中国の指導者に頼まれて進出したパナソニックの工場と同じ。
でも、その工場は数年前に意図的に焼き討ちにされましたね。

当局は着々と外資追い出し作業を進めているようです。
2012年の日本経済新聞の記事が空しいですねえ。
-----------------------------------------------------
日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化を機に反日の動きが強まった中国。
この世界最大の新車市場で、国慶節の大型連休前から日本の自動車メーカーは相次いで減産に追い込まれた。
だが、今後のビジネスの先行きに気をもむライバルを横目に、一人気を吐いている外資メーカーがある。欧州最大手のドイツのフォルクスワーゲン(VW)が中国シフトを一段と強めているのだ。
 「すべてはお客様の満足のために」「卓越を追究し、トップを目指す」――。
上海市北部の嘉定区安亭はVWグループと上海汽車集団との合弁会社、上海大衆汽車(上海VW)の本拠地。安亭工場の場内には、勇ましいスローガンが掲げられている。
鋼板を加工するプレス、溶接するボディーなどの各ラインには、ドイツ北部ウォルフスブルクにある本社工場と同様の設備を導入。従業員がきびきびと動き、車体を仕上げていく。
上海を走るタクシーはほとんどがVWの「サンタナ」だ。かつて日産自動車もライセンス生産していたなつかしいブランド。日系メーカーの工場が多い広州などはまた事情が異なるが、上海でのVWの存在感は圧倒的に大きい。
上海VWはこのサンタナのほか、「ポロ」「パサート」「ティグアン」などVWブランドの主力車種に加え、傘下のシュコダ自動車(チェコ)の「オクタビア」など約10車種を生産。玄関横には現地生産車がずらりと並んでいる。
VWの中国事業はこの上海VWと、中国第一汽車集団と組んで高級車アウディやVWの「ゴルフ」などを生産する一汽-大衆汽車(一汽VW)という2つの合弁会社が軸だ。
「物流などで協力関係はあるが、新車販売ではあくまでライバル同士」(VW中国)。両社が競うように販売台数を重ね、VWは2011年に中国で前年比17%増の約226万台を販売。08年まで国別でトップだったドイツは約115万台で、中国は母国のほぼ2倍のクルマを販売する最大のマーケットとなった。
 さらに昨年から今年にかけてVWはアクセルを踏み込んだ。
上海VWでは、寧波(浙江省)、ウルムチ(新疆ウイグル自治区)での車両組み立て工場の新設を決定。
一汽VWでも南部の仏山(広東省)に新工場を建設すると発表。15年にはVWの組み立て拠点が現在の5拠点から8拠点に増える。VWは12年から16年にかけて140億ユーロ(約1兆4000億円)を中国事業に投資する計画で、18年には中国の生産能力を約400万台に増やすという
------------------------------------------------
日本経済新聞の記者は事態を何もご存じなかったようです。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-08-04 23:46

ある電話

結局、日本資本を追い出した後は、米国資本を追い出しに掛っているのだろう。
彼らは輸出なんて興味ないですから、イメージダウンなんて関係ない。
さしあたり外資が資本投下して作った工場とか店舗を頂戴したいということよ。

日本資本を追い出した後、オペレーションが上手くいかないので、人材を探しているが、もうマトモな人間は行かないね。
しばらく前までは日本のマスコミに騙されて行った人も居たが、今は、トラブルとか前科など事情があって日本で仕事ができない人間しか行かない。だから、これから、ますます大変なことになる。どうでも良いけど。

それにしても、合弁の外資はどうするんでしょうね。
欧州の会社は機械にチップを埋め込んで、撤退の時はソフトを破壊できるようにしているらしいけど・・・。
日本企業はどうなんでしょうね?
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-08-01 12:46

面倒な仕事を外注した結果

IMG_4497.jpg

ネットで拾った表ですかど・・まあ、こんなところでしょう。
どこが、どうだと言う気はありませんが、日本のケンタッキーなどは母体が国産鶏肉に強いですから、国産を使ってるが、昔から「・・・高い」といわれてました。

さて、ここで書いておきたいのは中華人民共和国は鶏肉の主要な輸出国ではないということです。
鶏肉の輸出国はブラジルが圧倒的に強いのです。続いて米国です。
ですので・・・ご家庭で料理する時に使用する鶏肉は国産が主体であります。
家庭で愛妻の作った唐揚げを食べてるお父さんと、良い子は安心してください。
「お母様、ありがとう」と感謝してね。

中国産の鶏肉は外食産業用の加工肉なのです。
焼き鳥など、お肉を切りまして、串に刺しますでしょう。
中に葱を挟んで葱間にしますねえ。めんどくさいですねえ。
それで、この作業まで中国の工場でやって、そのまま冷凍して輸入、後は焼くだけです。
鳥の唐揚げ・・・唐揚粉をまぶした状態で冷凍し、輸入。あとは店頭で揚げるだけです。
チキンナゲット・・・怪しいですねえ。余ったお肉の寄せ集めの加工肉。
これも、怪しい作業は中国の工場で・・・。
中国の人件費が安いちゅうんで、面倒な仕事を外注した結果です。
ですので・・旦那さんがいつも行く焼鳥屋も。ひょうとするかも・・というか、ほぼ、そうかも知れません。

私の行く店は、ご主人がお店で国産肉を串に刺してますが・・・売り切れると「本日終了」になるのです。
こういう信頼のおける、お店で飲んでくださいね。圧倒的に美味しいですから。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-07-29 10:10

ABCD包囲網と自由と繁栄の弧

ABCD包囲網は1941年に東アジアに権益を持つ国々が日本に対して行った貿易の制限。
Aはアメリカ(America)
Bはイギリス(Britain)
Cは中華民国(China)
Dはオランダ(Dutch)

である。
下の地図は清朝末期である。
当時、日本とタイ以外のアジアの国は全て植民地であった。
日本に対する包囲網の中で、アジアの国で唯一、欧米側に付いたのは中華民国(China)であった・

middle_1324704744.gif


中華民国(China)が日本に対する様々な陰謀・工作の主役であったのは、戦後の歴史研究により証明されている。

さて、このABCD包囲網と対を成すのが、この図である。

d00089_map.jpg




目次 [非表示]
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-07-22 22:52

下水油、髪毛醤油の国に「使用期限」なんてあったのか?(追記)



中国メディアの報道が発端ですが、俺たちの国にも「使用期限」なるものがあるんだぞ・・・
と党の命令でアピールしているようにしか聞こえない。

中国に駐在した人は現地の食堂には入らない。
日本人のやっている日本の食材を輸入している日本料理の店にしか行かない。
帰国してからも、中国産の野菜、肉、鰻などは徹底的に避ける。

基本的に水が悪い上に足りないので、野菜にしろ、調理用具にしろ、食器にしろ洗えないのです。
中国産のカット野菜など買う人の気がしれない。
外食でも中国産野菜が多く使われているので要注意です。
さらにバレなければ平気で嘘を付く。
嘘がバレても、嘘だと認めない。
ですから100%疑うしかないのです。




上の動画で分かるのは、中国国内に進出した米国外食チェーンに代表としてマグドナルドを標的に攻撃を行っているということです。見事な宣伝映像です。マグドナルドは象徴になりうるから狙われたということで、数年前、パナソニックの工場が破壊されたのと同様です。狙われた原因は「西太平洋の分割」を米国が拒否したからでしょう。なんせ、インドシナはもちろんオーストラリアまで「くんろ」というのですから無理ですわ。
これは最初の警告で、次は焼き討ちですから、ご用心を。
しかし、全然隠し撮り風にも演出していないので、小道具を集めて演劇をやってるようにしか見えません。


IMG_3791.jpg

これと同じです。

日本マフドナルドはターゲットの関連であり、ファミリーマートは単なるトバッチリです。
最近のチェーン化された日本の外食産業には中国製の食肉加工品は大量に使われています。
ファミリーマートだけではないのです。

中共の法律や規格は非常に厳しいのです。日本の法律や規格よりも厳しいぐらいです。
その厳しすぎる法律の規制と、実態とは大きく乖離しています。
役人は何時でも取り締まりが可能ですが、常時、賄賂により「御目こぼし」をしているのです。

特に、この工場は世界規格の最新の品質管理システムが導入されていました。
基本的には全品チエックできるシステムですので、マグドナルドが信用したのです。
そしてマックの検査でOKなら大丈夫とファミマが信用したのでしょう。
このような最新式の品質管理システムも、
会社と従業員が運用する気がなければ、全く役に立たないし、品質の証明にはなりせん。
ISO9001もISO14004も同様です。
そういう意味では、欧米の品質基準なんて馬鹿じゃなかりか・・とこのテレビスタッフは嘲笑し、嬉々として映像化したのでしょう。ある意味で痛快ではあります。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-07-21 11:40

ウンチング・セブンティーン  素晴らしき移民受入風景

IMG_3841.jpg

彼の国では何事の不思議なけれども。

IMG_3798.jpg

こうした風景はやがて日本でも普通に見られるようになるのでは?
池袋なんて、もう、この世界に入ってます。
麻薬は売るわ、ウンチはするは・・・

民主党の政権時に入国基準を大幅に落としましたから。


  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-07-13 14:27

自由と繁栄の弧

2005年の、我が業界の「新春賀詞交歓会」での話である。
立食パーティだから、あちこちに話の輪が出来る。
私は中国ビジネスの話の輪の中に居た。
皆の話を聞いていたある男が、こう私に呟いた。
「私の会社は遅れてまして、今頃、中国への進出に検討をしているのです。」
「・・・最終上映が終わった後の映画館に入るような話ですな」
「そうなんです。皆さんが撤退を始めた時期に・・・駄目ですな」
「もう、完全に遅すぎだと思いますよ」
中国のビジネスは2000年から2005年の短期的なものであった。
この期間は立地、インフラを含め様々な外資優遇策があった。
法人税も中国企業より安かった。ですから95%以上の進出企業が黒字であった。
客人を大切にする・・ということで外国人への犯罪も徹底して取り締まってくれた。
しかし、第十一次5ヶ年計画(2006年~2010年)では自主開発重視路線が打ち出された。
外資優遇の時期は終わり法人税も同額になり、様々な優遇措置は終わった。
内需を重視することで輸出企業への優遇もなくなった。
「足元が明るいうちに、さようなら」と、勘の良い経営者は、ここでオサラバした。
この時期に中国進出説明会も論調が変わっていて、
南部においてはインドシナの南部回廊との関係で立地を説明していた。
「無理な話だなあ」という印象があったが、今となっては「やっぱっりね」であった。

E4B8ADE59BBD-thumbnail2.jpg

インドシナは南部回廊と東西回廊がり、中国主導の断道鉄道の計画があった。
縦断鉄道は、以下の青写真の中で企画されたものであろう。

IMG_3729.jpg

このような戦略への防御が自由と繁栄の「弧」であるわけである。

c2ee71a3634ee2c291fb161f598fb684.jpg

d00089_map.jpg

自由と繁栄の弧は、おそらく2005年頃には完成していた戦略である。

1f376e_2.jpg


東西経済回廊は、1998年発足の、インドシナ半島のうちの4カ国(ミャンマー、タイ、ラオス、ヴェトナム)を結ぶ、全長1,450 km の道路を基盤にした経済開発計画。 2006年12月12日より実施。

南部回廊は1992年に大メコン川地域の名のもとにタイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジア、中国の6か国とアジア開発銀行(ADB)で、経済協力の話し合いが始まった。
ベトナムと中国が紛争中では、華南地区を南部回廊につなぐ話は・・・もう無理ですわ。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2014-07-10 09:44

この地図はネット上で何度も見たが・・・本物だったようです。

2020年、東京五輪が開催されるその年、中国でも歴史的な出来事が起こる。
1921年7月23日に結党した中国共産党が100年(数え年)を迎えるのだ。
中国共産党といえば中国政府。日本の様に複数の政党が存在しない一党独裁政治が行われている中国にとって、共産党の記念年は中国そのものの記念年でもある。
既に報道されているが中国はチベットを始めフィリピン、ベトナム、ウイグル、モンゴル…などアジア地域を武力で実効支配。中華人民共和国の略称・中国という名が示す通り「世界の中心」を自負し、その為なら手段を選ばず領土拡大に勤(いそ)しんでいる。いわゆる覇権主義国家なのだ。
中国に詳しい保守系政党の幹部が中国共産党の目論見を次の様に語る。
「中国共産党には2020年までにGDPを2000年時の4倍にするという『全国建設小康社会』(ゆとりある社会の建設)樹立の公約とアジアを制圧するという内規があるのです。武力の実効支配はその一環で日本の尖閣奪取も我が国を実効支配する為なのです」
事実、中国の日本占領は(中国内部で)既成事実化。
驚くべき事に共産党の息がかかった北京市内の学校では「中国領になっている」日本地図が教材として用いられているのだ。
中国領になった日本地図を見ると静岡県、長野県、富山県を境にそれ以東が日本自治区。愛知県、岐阜県、石川県以西が東海省と位置づけられている。
併せて日本を実効支配した場合、韓国と北朝鮮も行き場が無く中国に統治。結果、朝鮮半島全域は中国領の朝鮮省と呼ばれている。
「中国共産党は東京五輪を"我が帝国(中国)最大の祭典"と嘯(うそぶ)いており、東京五輪開幕前までに実効支配を完了させている事をほのめかしている。これは中国ではかなり有名な話で日本のマスコミ関係者も知っているハズ。ところがマスコミは中国を敵に回したくないから報道しない。危険な兆候です」(前出・幹部)
10年9月7日、尖閣諸島のひとつ久場島沖で海上保安庁の巡視船『よなくに』に中国のトロール船が故意に衝突。その際、中国政府は実効支配した国で駆使した手法(領土の自己拡大)をそのまま展開。「尖閣は我が国(中国)の領土」とでっち上げたのは記憶に新しい。
だが、それ以上に問題なのは彼らが頑として譲らない「もう一つ」の言い分だ。
「それは"尖閣にはそもそも領土問題など無い"という事。仮に日本全体が中国に統治されれば尖閣は中国領となります。実は今、中国では"日本は中国の属国で現在は独立国の様に泳がせている"という教育をしているのです。

IMG_3729.jpg

そう考えると"尖閣に領土問題など無い"という"理屈"は成立するのです」(前出・幹部)
中国領になった地図だけを見ると「中国は自分勝手だなあ」と笑い飛ばせるが、その奥にはそこまで強かな計算があるのだ。(日刊大衆)
-------------------------------------------------
この地図はネット上で何度も見たが・・・本物だったようです。
名ギャーは東海省だがね。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2014-07-08 18:13

次は東京に落とすあるよ

IMG_3713.jpg

広島、長崎にキノコ雲。
東京の文字。
要するに「次は東京」と言いたいわけである。
---------------------------------------------
岸田文雄外相は8日の記者会見で、中国重慶市の週刊紙、重慶青年報の最新号に、広島と長崎の位置に原爆のきのこ雲とみられるイラストを書き込んだ日本地図を掲載されたことを厳しく批判した。岸田氏は「極めて遺憾だ。掲載は誠に不見識で、唯一の戦争被爆国の外相として、被爆地である広島出身の政治家として、容認はできない。被爆者の感情を逆なでするものだ」と語った。
岸田氏はまた、現地の在重慶日本総領事館に早急に事実確認を行った上で、重慶青年報に厳重に抗議するよう指示したことも明らかにした。
------------------------------
外務大臣は抗議したが、
反原発団体も反原爆団体も・・・・

中国様の原爆はありがたきかな、
中国様の原発もありがたきかな。

日本の原発と原爆に反対
日本人のことなんて知らんもんね。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-02-02 12:09

写真で見る「日中戦争」時代の武士道精神



興味深い写真集である。日中戦争史は戦後の教育から完全に秘されて
いるが、真剣に研究すべきである。
基本的には米英の傀儡政権である蒋介石と、日本が支援した南京国民政府と、辺境の盗賊・毛沢東の3つ巴戦争である。
ドイツは蒋介石政権の軍事顧問であり、日本軍と対峙していた。
ドイツが南京国民政府を承認したのは1941年からである。
日本は清朝の後継である満州国に留まっていればよかったが、満州外の中国主要都市で日本国民(民間人)への計画的な虐殺・拷問が相次いだので、軍隊を投入して救わざるを得なかったのだ。
今の中国の実情が戦前の構図と近いものになっていることは、歴史を紐解けば感覚的に分かるであろう。
中国に進出しているのはドイツと米国で、日本企業は嫌だというのに無理やり進出させられた。
そして、今後は日本人へのテロが発生する恐れが強い。
戦前の日本人へのテロは通州事件だけではない。実に多いのだ。、


  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2014-01-05 23:28

中国撤退   

昨年の通商白書にリスクの大きい中国撤退意向の企業が多いと書かれた時点で、いよいよ加速すると思っていたら凄いですね。
しかし、その引き上げた人材をタイやインドネシアに投入しても・・・キャパが???
大丈夫なんでしょうかね。
ビルマ、バングラ、インドと分散することになるのでしょうけど、
国内市場をなんとかしようという話が出てこないのは何故なのか。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-01-04 21:22

田母神閣下が解説「中国の空軍軍事力はすでに日本より上」

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-12-30 19:09

来年の日中首脳協議に配慮して今年にした・・・と青山はん。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-12-25 17:02

2007年の江崎道朗の話



51-YcdA9WjL.jpg

この本は必読書です。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-12-01 10:12

中国は情報戦でも敗れたり

オバマ「民間航空機は事前にフライトプランを中国に通知せよ」 

 

⇒ 実際にはそのような言及なし!

 

ニューヨークタイムスが願望記事を書く ⇒ 

 

 

 Even as China scrambled fighter jets to enforce its newly declared air defense zone, the Obama administration said on Friday that it was advising American commercial airlines to comply with China’s demands to be notified in advance of flights through the area.

 

 

中国メディアやNHKが嬉々として大々的に報道

 

日本政府、米国政府に問い合わせる。

 

 

米航空局、明確に否定!!

 

ニューヨーク・タイムス、嘘つきですだ。

 

http://www.news-us.jp/article/381576240.html

 

 

ニューヨーク・タイムスを使った情報戦は・・・米国の勝利

 

NHKは慌てて訂正。

 

 

  1. 中国
  2. CM(0)

2013-11-17 11:17

世紀の激戦 東シナ海をめぐる日中の攻略

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-31 12:10

専門家「20年後中国の水資源はなくなる」

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-31 11:57

薄熙来の電話録音「臓器狩りは江沢民の指示」

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-30 09:27

尖閣諸島に「関心ある」7割超、政府の特別世論調査

<object width="640" height="480

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-27 09:11

薄煕来裁判の裏側 重大犯罪言及避ける上層部

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-08-26 09:26

中国海軍の犯罪の証拠 : チュオンサ諸島における惨殺

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-25 11:32

中国の『核』が世界を制す  講師:伊藤貫

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-24 10:47

南京日本兵の証言

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-23 08:37

福建に大量の戦闘機進駐

 

新唐人2012年12月02日付ニュース

 

日本のマスコミは華麗にスルー

 

日本人には「由らしむべし知らしむべからず」と厳命しました。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-08-21 11:29

これは通商白書にも掲載されていたな・・・

 

 

国際協力銀行が昨年の秋に実施した調査。

別にどうということもないが、2回目の調査だったな。

 

この「特に変わらない」の内容も中国市場の将来を信じるというような内容ではないと思う。

 

これは2013年版の通商白書に引用されている。

白書の表現はいつも大人しめなんだが、ここに引用されるということは・・・。

もう、終わりということです。

 

2005年頃で製造業がの撤退が始まったが、

「次は流通業、サービス業に来て欲しい。製造業はいらない。我々が造るから」と・・・せっかく騙して呼び寄せたのに、これだもの。

 

 

 

 

中小企業の撤退に関する事例調査もすでに御堅い銀行から発行されている。

私のとこにも来たが、まだ読んでない。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-20 08:35

シナの領域

 

 

 

 

 

 

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-08-17 10:32

中国 外国企業に「独禁法違反」

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-16 09:32

中国の武装警察隊、4歳のウイグル人の女の子まで銃で撃つ

中国の武装警察隊、4歳のウイグル人の女の子まで銃で撃つ

RFA 2013.08.12 

翻訳・掲載:2013.08.14

 

世界ウイグル会議のHPより転載

--------------------------------------------------

先週アクス地区アイコル郷で起きた血生臭い衝突で、4歳の子供や複数の女性も警察隊に撃たれ死傷していたことが分かった。

 

■第15村のメメット・アブラ村長への電話取材

 

記者: 今回の事件であなたの村から何人の死傷者がでましたか。

村長: うちの村から死者は出ていませんが、四人が撃たれて負傷しました。そのうち一人は、40歳ぐらいのウイグル人女性パテム・トゥルデさんです。

 

記者: その女性がどうやって撃たれたのですか。

 

村長: 彼女は、今回の衝突と全く無関係で、当日たまたま夜遅くまで自宅に戻らなかった15歳の息子を探して外に出ていたところ、武装警察隊が抗議していたウイグル人住民らに向けて無差別に発した銃弾2発が彼女に当たり重傷を負った。彼女は今、同じように負傷を負った他の12人と一緒に病院で治療を受けている。

 

記者: 今回の衝突はどのように起きたのですか。

 

村長: ラマダン明け祭りの前夜に、第16村の第2集落にあるモスクでコーランの朗唱(ラマダン月における最も重要な聖なる行事の一つ)を行う予定だった。同村第3集落の若者らがそれに参加するためにそのモスクに向かったところ、モスクの前で常駐して監視にあたっていた政府職員らが、集落を跨いでモスクに入ることが禁止されていると警告し、若者らを阻止した。

しかし、若者らは、聖なるラマダン月での礼拝でさえ好きなモスクでできないなんて理不尽過ぎると反発し、政府職員らの阻止を拒否し、モスクに入った。

 

そこで、政府職員らが警察署に連絡し、事態を報告した。その連絡を受け、すぐに警察隊がモスクにやってきて、集落を跨いでモスクに入った若者らを連行し始めた。警察隊は、まずは2人の若者を連行し、警察署に拘束した。そして、再度モスクに戻り、更に4人の若者を連行しょうとしたところ、モスクの民衆が「明日は聖なるラマダン明け祭りなのに、隣の集落のモスクに来て礼拝しただけで彼らを拘束するのが理不尽過ぎる」と警察車両を囲んで抗議し、更には既に連行された2人も釈放するよう求めた。

これ受け、警察隊が抗議してきた民衆にいきなり暴力的な態度で臨み、民衆と警察隊が揉み合う事態となった。そこに今度は武装警察隊がやってきて今回の悲惨な衝突が起きた。

 

■第16村のアブレット・ホジャムニヤズ村長への電話取材

 

記者: 貴方自身も今回の衝突現場にいたと聞いていますが、本当ですか。

 

村長: はい、私は急遽呼び出され、民衆を説得するために現場に行きました。私が現場に到着した時は、警察署のウイグル人副署長ゲニ・オスマンが優しい言葉で民衆を説得し、事態が大分収まっていました。

しかし、その直後に、警察署の中国人署長WUGULIYANGが複数の部下と共に現場にやってきて、いきなり民衆に怒りつけ、拳銃で民衆を殴り始めた。この行為を受け、一旦収まった事態が再燃し、民衆が警察隊に石投げなどをした。

WU GULIYANGと部下たちは、何発も拳銃を撃ったが、民衆が逃げることなく彼らに押し寄せてきた。それで、WU GULIYANGは部下たちと共に現場から逃げ出して、2度と姿を現さなかった。その時に発された銃弾のうち一発が4歳のウイグル人の女の子にあたったため、民衆の怒りが一気に爆発し大規模衝突へ発展してしまった。

民衆の怒りが爆発してきた現場に武装警察隊がやってきて、民衆に向けて無差別に銃を発砲しはじめた。私も怖くて現場から逃げました。その後何がを起きたかは分かりません。

 

記者: 貴方が知っている範囲では、今回の衝突で何人が死亡しましたか。

 

村長: 3人が死亡しました。そのうち一人は、うちの村の第2集落の住民ダウット氏です。27歳でした。彼は、仲間の釈放を求める民衆の前列にいて、警察隊に口答えをしていたところ、警察隊に頭から撃たれその場で死亡しました。

 

記者: 撃たれて死亡したそのダウット氏には、これまで犯罪歴などがありましたか。

 

村長: いいえ、ありません。ただ、髭を生やしていたため、髭をやめるよう政府職員らから何回も警告されたことはありました。

 

記者: 乱射された銃弾があたり負傷した4歳の女の子の名前は何ですか。

 

村長: スビヒヌル・メメットちゃんです。

 

RFAの取材で明らかになった情報によると、今回衝突で警察隊に撃たれて死亡した3人のうち一人がウイグル人女性、そして、撃たれて負傷した人の中にも4人のウイグル人女性が含まれている。

 

http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/qanun/uyghur
 

 ------------------------------------------------------

世界ウイグル会議のホームページ

 

http://www.uyghurcongress.org/jp/

 

 

この現実は「ピースとハイライト」では無理なんじゃないの?

 

 

 

 「博訊網」(海外の中国人(漢人)のニュースサイト)は1月30日、中国の関係機関から入手した情報として、「7.5ウルムチ事件」当日に現場で射殺されたウイグル人は1500人を超えるとの情報を報道した。この報道によると、現地の武装警察当局はウルムチでデモが行われるとの情報をデモの三日前に入手し、デモが行われるとされていた現場周辺で鎮圧の準備を整えていた。

しかし実際には、当局の予想と裏腹にデモは別の場所で行われた。武装警察は実際にデモが行われた現場についての情報を入手したものの、鎮圧命令が遅れて出されたためデモ現場には2時間遅れて到着した。

この報道では、中国の関係機関から入手した情報であることを強調し、次のように伝えている:「完全武装した武装警察隊は現場を包囲し、現場周辺の通りの出入り口を占拠し、ウイグル人を無差別に一斉射殺した。」更に、数千人もの武装警察隊は短期間で現場のウイグル人を大量虐殺してから、すぐに軍のトラックを使用し死体を運び出し、現場を水で洗ってきれいに片づけたという。

この報道によると、「博訊網」の記者に情報を提供した情報源は、ウルムチ事件で死亡した漢人の数は政府の発表とほぼ同じであると指摘すると同時に、事件当日に射殺されたウイグル人男女の数は1500人を超えることを明らかにしたという。

中国当局は、ウルムチ事件で漢人住民だけが被害に遭った(200人近くが死亡、1000人以上が負傷)ことを主張していた。しかし、デモ参加者や事件を目撃した証言者たちは中国軍がウイグル人デモ隊に向けて発砲し、大量のウイグル人を無差別に拘束したと主張している。世界ウイグル会議は、ウルムチ事件以来の無差別拘束で拘束されたウイグル人が一万人を超えると見ている。

 

 

ピースとハイライト

 

何気なく観たニュースで
お隣の人が起こってた
今までどんなに対話しても
それぞれの主張は変わらない


教科書は現代史を
やる前に時間切れ
そこが一番しりたいのに
何でそうなっちゃうの?


希望の笛を植えていこうよ
地上に愛を育てようよ


未来に平和の花咲くまでは....憂鬱(Blue)


絵空事かな?お伽噺かな?
お互い幸せ願うことなど


歴史を照らしあわせて
助け合えたらいいじゃない
硬い拳を振り上げても
心開かない


都合のいい大義名分(かいしゃく)で
争いを仕掛けて
裸の王様が牛耳る世は...狂気(Insane)
20世紀で懲りたはずでしょう?


燻る火種が燃え上がるだけ


色んな事情があるけどさ
知ろうよお互いのイイところ!!


希望の笛を植えていこうよ
地上に愛を育てようよ


この素晴らしい地球(ふるさと)に生まれ


悲しい過去も愚かな行為も


人間は何故に忘れてしまう?


愛することを躊躇(ためら)わないで

 

-------------------------------------

国営中国中央テレビCCTV)は14日、日本の人気グループ「サザンオールスターズ」の新曲「ピースとハイライト」を「隣国関係を改めるよう(日本に)呼び掛けたもの」と報道。

「何気なく見たニュースで、お隣の人が怒ってた。今までどんなに対話しても、それぞれの主張は変わらない」などと桑田佳祐さんが歌う様子を伝え、「日本と隣国との歴史対立に関する見方をつづっている」と紹介した。

また「桑田氏のファンは中国にも多く、多くの歌詞が中国語に訳されている。

著名人が日本で歴史を反省するよう訴えればネット右翼から激しく批判されるが、人気の高い桑田氏にネット上で目立った批判は見られない」などと伝えた。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)