カテゴリ:露西亜 の記事一覧

| |

-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-12-11 22:28

露西亜の市場

2000年頃、露西亜に市場調査に行ったのだが、悪い印象は無かった。
ただ、社会主義の体制が崩壊すると、どのような市場が出現するのか・・・それは悲惨ですよ。
いずれにしても、この時期から日本企業は露西亜市場について調査して、進出を検討したのは事実。

トヨタは2005年にサンクトぺテルスブルグに工場を設立して2007年に稼動。
日産は2003年にサンクトぺテルスブルグに法人を設立し、工場の稼動は2009年である。

設立から生産開始までえらく時間が掛かったのは、部品メーカーが存在しなかったからだと聞いている。
いくら日本のメーカーでも現地の部品が全く無ければ・・・・組み立てられないですからね。
輸出した方が効率的だわ。
・・でなんで部品メーカーが無いのか?
社会主義体制の崩壊と、急速な自由化の中で国立の自動車工場が倒産した。
部品メーカーも自動車組立工場と一体となっていたので、一緒に倒産して・・・そして、誰も居なくなったからである。

しかし、そのような条件化であってもトヨタは2007年に生産が開始している。
日産も2009年には生産開始。
三菱もプジョーグループと一緒に生産を開始。

米国一本足打法のホンダはロシアの進出が遅れたが2011年頃には設立を検討した。
しかし、日本のマスコミは「やめれ」の大合唱。

いすゞは露西亜の自動車会社と合弁で露西亜国内生産を開始、マツダも同じようなことを検討。
日野も富士重工もなんかやっている。

しかし、日本のマスコミは中国への進出は大絶賛するのに、
露西亜への進出は無視するか否定する。
とても面白い反応である。
・露西亜の市場は可能性が無い。
・露西亜はとてつもなく不景気で、もう駄目ポ。
・露西亜は信用できない。騙されるな。

・・・という論調で2005年頃から全くぶれない。
それは「中国様に失礼だろう」というようにしか聞こえない。
彼らが書いていたのは?
・中国の市場は可能性が無限。
・中国はとてつもなく景気が良い。
・中国の政治家は日本人と違い大人物である。
・日本企業は中国様に奉仕すれば許される。
・・・というような話である。

全てが嘘でした。
スポンサーサイト
  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2014-08-01 11:27

ハートランドを誰が支配するのか?



ハートランド (Heartland) は地政学の用語。
ハルフォード・マッキンダーが『デモクラシーの理想と現実』の中でユーラシア大陸の中核地域を中軸地帯と呼んだことに始まり、後にハートランドと改められた。
出典:"The Geographical Pivot of History", Geographical Journal 23, no. 4 (April 1904)

マッキンダーは20世紀初頭の世界情勢をとらえ、これからはランドパワーの時代と唱えた。
とりわけ、それまでの歴史が海軍大国(海洋国家)優位の歴史であったのに対し、鉄道の整備などにより大陸国家の移動や物資の輸送などが容易となったことで、ハートランドを支配する勢力による脅威が増しているとし、海洋国家同士の連携を主張した。
マッキンダーは1900年代初頭の世界地図をユーラシア内陸部を
中軸地帯(ハートランド) (Pivot Area)
内側の三日月地帯 (Inner or marginal crescent)
外側の三日月地帯 (Lands of outer or insular crescent)
に分け、
「東ヨーロッパを支配するものがハートランドを支配し、ハートランドを支配するものが世界島(ワールド・アイランド)を支配し、世界島を支配するものが世界を支配する」と説き反響を呼んだ。
また、マッキンダーはユーラシアに存する大国群をシーパワー・ランドパワーに分けてそれぞれが対立する関係にあると論じ、大陸国家がヨーロッパを中心として熾烈な戦争を始め、戦線を拡大していくに違いないと予見した。


  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-07-29 11:32

2003年よりグローバリズムと国民国家との冷戦がはじまる

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-07-27 14:31

ウクライナ危機はハルマゲドンの前兆か

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-07-27 12:04

ロシア、マレーシア航空機事故の状況を示すコントロールデーターを公開



ロシア軍部は7月21日にマレーシア航空機撃墜の起きる前のウクライナ、ドネツク州の状況を示した客観的なコントロールのデーターを発表した。その後、ロシア国防省の準備した、さらに詳細な資料は欧州先進諸国およびマレーシアの専門家らに手渡された。

マレーシア機の航空路のずれ
ブリーフィングで発言したロシア空軍参謀本部第1作戦部部長の
アンドレイ・カルタポロフ中将によれば、
ドネツクまでマレーシア航空機は通常決められた航空路をたどっていた。
ところがドネツク以後は航路を北方向に曲げている。 

軍機は空中で何をしていたのか?


ロシア軍の有するデーターでは、マレー機の墜落事件当時現場付近にはウクライナ空軍機はなかったというキエフ当局の声明が覆される。
カルタポロフ中将によれば、事件の前、マレー機から3-5キロメートルの地点にウクライナ軍の戦闘爆撃機Su25が確認できる。

なんのために「ブーク」が移動したのか?

カルタポロフ中将によれば、墜落機はウクライナ軍の地対空ミサイル「ブーク」の行動ゾーンにあった。
中将はマレー機の飛行スキームを示し、「スキームでは航空路が分かるほか、同機の墜落したとされる場所がウクライナ軍の地対空ミサイル『ブーク』の稼働ゾーンと一致していることが分かる」と語っている。

米国の人工衛星には全てが見えていたか?

カルタポロフ中将によれば、事件の起きた時刻にちょうど、ウクライナ上空を米国の人工衛星が通過している。
「これが偶然なのか、それとも違うのか。だがマレー機の事件の発生時刻と米国の人工衛星がウクライナ領域を観測していた時刻が一致している」

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2014-03-24 19:07

冷戦は八百長だった

007ジェームズ・ボンドのシリーズをリアルで全部、見ていた経験から言うと・・・
米ソ冷戦と言いながらも、ボンドの敵はスペクターだのゴールド・フィンガーだったりで、
ソ連であった試しが無い。
敵は謎の組織であったり、巨大な企業であったりで、彼等の陰謀であわや米ソ開戦となるのをボンドの活躍で防いでいるのであった。


これは、ソ連を悪役にするとリアル過ぎるからだと思ったが・・・・
実はそうではなくて、謎の国際組織が戦前から現在に至るまで
真の悪役であることは間違いないのである。

東西の対立も、共産主義と民主主義の対立も、右と左の対立も・・・八百長であった。

アレックス・スミルノフであったのだ、



スミルノフは露西亜と縁も縁も無いフランス系カナダ人

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2014-03-23 22:08

日露合同演習



露西亜軍の爆撃機が中国の防空識別圏に侵入したり、竹島上空に侵入したりしているが、これらのニュースは背景が報じられていない。
中国の脅威に対抗するため、日露共同演習が強化されると言うニュースの去年の秋に流れたが、日露の共同演習はかなり前から続いている。
上の動画も2011年のものである。
中国と仲良しの米国、韓国とお友達のオバマやアミテージなんかより、共に中国の脅威を受けている露西亜の方が頼りになる時代が来ているのである。


  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2014-03-16 00:33

ロシア経済を壊したのは?

以前、書いた「ロシアより愛を込めて」のエントリー。

http://yuyuu2013.blog.fc2.com/category49-5.html

かつて、米国に先駆けてガガーリンを宇宙に飛ばした国とは思えない凋落ぶり。

そして・・・・行ってみると、さらに驚くのが「工業が何も無い」という事実。

「工場はどこへ行ってしまったんだよおおお」と聞くと・・・・


ソ連崩壊の時に、急激に国営工場を民営化した。
その後、民営化された工場は、経済の激変に耐えられず倒産した。
だから、もはや何も無い。
あるのは資源だけである。

その急激な民営化は・・レンホーの事業仕分けどころの話ではない。
何も知らないエリツィンを騙して米国の新自由主義者が乗り込んで、
有無を言わさず民営化し、投資でひと儲けしてからぶっ壊す。

工業をぶっ壊した後、米国は資源を狙って来たので、いくらなんでもロシア人が目覚めプーチンの登場となる。
米国の新自由主義者は欧州でもやりたい方題であったが、ロシアではさらに酷かった。

急速に民営化しないで段階的に行なえば、このようなことにはならなかった。
企業が新しい市場経済の中でも生き残れるように、政府の保護も必要だった。

何も無いということは・・・無から有は生まれない。
ロシアに工場を進出させても部品工場が無いから何も出来ない。
ここまで経済を壊すことはなかったのでは?と真剣に思いましたよ。

この話を踏まえて、以下の馬渕氏の話を聞いてください。
ちなみに②の方は有料ですが面白かったです。











  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2014-03-11 18:52

グルジア姉さんの歌

GID20201120May202620(1).jpg

グルジアとはジョージアなんです。
1995年以来、英語名はジョージアGeorgia、日本語ではグルジアと表記されるが、
現在、同国政府は「ジョージア」への表記変更を日本政府に求めているんだと。
日本語名として使われる「グルジア」はロシア語名にもとづいており、
グルジアはキリスト教国であるグルジアの守護聖人、聖ゲオルギウスの名に由来したものに変えたいと。

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-03-11 00:47

ボロディンとグルジア

ボロディンはグルジアの皇太子の私生児であった。

グルジアはカス海の西、黒海の畔の小国だ。

グルジアの地は東西の交差点であり、

・ぺルシア

・ローマ帝国

・東ローマ帝国

モンゴル帝国

・オスマントルコ

ロシア帝国

・ソビエト連邦

 

これ等大国の支配を受けてきた。  

ソ連時代はスターリンの出身地でもあり、長く、ソビエト連邦の一部であったが、1991年に至りソ連から独立した。

その後、国内の内戦が続き、2008年に南オセチアを巡りロシアと戦争している。

 

 

グルジア国歌。子供達の将来を守る軍事力と、祖先から受け継ぐ重厚な文明。 

 

そして、東洋的な旋律が美しい、ボロディンの「中央アジアに平原にて」 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-03-10 23:59

ボロディンの夜想曲

 

 

アレクサンドル・ポルフィーリエヴィチ・ボロディン( 1833年 - 1887)

ロシアの作曲家、化学者、医師。

 

サンクトペテルブルクにて、グルジア皇室の皇太子ルカ・ゲデヴァニシヴィリの非嫡出子として生まれる。

 

ゲデヴァニシヴィリはボロディンを実子として戸籍登録せず、農奴の一人の名を使った。

 

しかしながらボロディンは、ピアノの稽古を含めてすぐれた教育を受け、化学を専攻し、ペテルブルクの医学大学の薬学部に入る。

 

卒業後、陸軍病院に勤務。

24歳の時に医学の会議の出席のためにヨーロッパに長期出張、この頃、ムソルグスキーと知り合い、シューマンの曲を紹介され、興味を持つ。

 

26歳の時、ハイデルベルク大学(化学)入学。

元素理論を確立したメンデレーエフと知り合う。

卒業後はペテルブルクの医学大学の助教授、教授と進み、生涯有機化学の研究家として多大な業績を残した。

 

作曲は彼の趣味であり、化学の研究を重視し、日曜作曲家に徹した。そのため、作品数は少ない。

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-03-09 21:03

ビドロ 牛車 ムソルグスキー

 



ムソルグスキーの「展覧会の絵」より「ビドロ」。ポーランドの牛車である。

ラベルの編曲では、チューバが活躍する。

この重そうな響きは印象的だ。 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2014-03-09 17:32

キエフの大門

キエフの大門は黄金の門 と呼ばれた。

キエフ大公国時代のキエフの中央門である。

 

1037年にヤロスラウ賢公がキエフを開発し、町の境界線に土塁を盛り、その上に城壁を作らせ、西へ向かう入り口に大門を構築した。

この門の名称は、当時の欧州にとって文化の源であったビザンツ帝国の首都コンスタンティノポリスの門にちなんで「黄金の門」と呼ばれた。

 

キエフの黄金の門は土塁の間に大きな赤色の煉瓦と石で造られ、塔のように聳え立った。

 

門の入り口の広さは約7.5mで、壁の高さは9.5m以上であった。

キエフはキリスト教の町であることを見せるために、門上に受胎告知教会が造られた。

門内はモザイクと壁画によって装飾された。

 

1240年に黄金の門は、モンゴル帝国の軍勢によって破壊され、それ以後再建されることがなかった。

 

18世紀に門の跡は完全に土に埋まってしまったが、1832年のK・ロフヴィーツィクィイは発掘調査を行い、史跡として保存した。

 

ムソルグスキーの「展覧会の絵」の終曲は、キエフの大門である。

 

大門は既にモンゴルにより破壊された後、長久の時が過ぎていた。

 

 友人の画家ハルトマンの遺作の展覧会で、ムソルグスキーが見たというキエフの大門の絵は以下のものといわれている。 

 

 

 

 このキエフの大門は1982年に復元された。

 

 

表門側。

 

 

裏門側

 

 

門の内部

 

場所はキエフの大門のあった場所である。

横に付いている木造の建物はなんじゃらほい?


>

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-03-09 14:08

狙撃者がデモ隊に発砲する時

ロシア、狙撃手の正体解明要求=ウクライナのデモで多数射殺
時事通信 3月8日(土)23時49分配信

ロシアのラブロフ外相は8日、ウクライナの首都キエフで2月に起きた反政府デモと警官隊の衝突時、市民と警官多数を射殺した狙撃手の正体を欧州安保協力機構(OSCE)が調査するよう要求した。

狙撃手については最近、エストニアのパエト外相と欧州連合(EU)のアシュトン外交安全保障上級代表(外相)の2月26日の電話での会話内容がネット上に流出。前日にウクライナ新政権の首脳陣と会談したパエト外相が「反政権デモ隊と治安要員の双方が同じ狙撃手たちに射殺されている。実に困った問題で、新政権は真相調査を嫌がっている」と話し、デモ隊側の過激派の狙撃だった可能性を示唆している。エストニア政府は、会話内容が本物と認めた。モスクワで記者会見したラブロフ外相は、ウクライナ情勢について「あまりにうそが多過ぎる。客観的事実とは逆の方向へ欧州の世論が導かれている」と訴えた。欧米では、狙撃手はヤヌコビッチ政権の特殊部隊員と非難されてきた。 
--------------------------------------------------

実は、中東の一連の民主化(とされている)アラブの春でも、デモ隊に正体不明の狙撃者が発砲したのです。
これで、非道な政府を倒せとなり、クーデターも許されるとなった。

どこかの国の好みの問題でしかない「民主化」を推進するため、デモ隊に発砲して死者を出し、クーデターを成功させるなんて話は「あるわけない」とは思いたいですが、上のウクライナの話もネットに情報が流出しなければ、ウクライナ政府の犯罪と言うことになってしまいます。

しかし、ゴルゴ13なら引き受けない(・・と思う)、汚い狙撃ですね。



>>狙撃者がデモ隊に発砲する時の続きを読む

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-03-09 00:01

クリミア自治共和国はかつては露西亜であった


古くはタタール人が住んでいた。
帝政露西亜は、この地を領有してからギリシャ正教徒のロシア人を移民させた。
このため、露西亜帝国時代から露西亜人の多い地域であった。
ソビエト連邦の発足後、ここにはクリミア自治ソビエト社会主義共和国が置かれた。
しかし、すでにクリミアの中でタタール人は人口的に少数派になっていた。
第二次世界大戦中のクリミアのタタール人の中央アジア追放され、自治共和国の廃止された。
これによりクリミアはロシア・ソビエト連邦社会主義共和国のクリミア州となった。
その後1954年、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国へと移管された。

まさか、ソ連が崩壊するとは思わなかったので・・・・。
40年後のソ連崩壊により、クリミアの露西亜人たちは再び露西亜への帰属を求めるようになった。

1992年5月5日、ウクライナ共和国クリミア州議会はウクライナからの独立を決議し、クリミア共和国を宣言した。
ウクライナ議会は5月15日に独立無効を決議したが露西亜は独立の動きを支持した。

しかし、露西亜で独立を宣言していたチェチェン共和国に対し、1994年に露西亜が武力鎮圧を開始すると、
一方で自国からのチェチェンの独立を禁圧しながらウクライナからのクリミアの独立を支持するのはダブルスタンダードであるとの国際的批判が高まり、露西亜はクリミア独立運動への支援を取りやめた。

クリミア議会もウクライナ共和国内の自治共和国であることを認め1998年にクリミア自治共和国憲法が制定された。

ソ連崩壊によってクリミア・タタール人は徐々にクリミア自治共和国に帰還。
現況では露西亜人80%、タタール人20%。


  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2014-03-08 22:35

プロコフィエフのモダニズム

ウクライナ出身の作曲家。プロコフィエフはモダニズムの作家であり、横光利一のようなものである。
実際に横光利一のような小説も書いたらしい。

大正生まれで左翼にも、日本浪漫派にもならなかったのは、モダニズムに嵌ったようで、
私の父は夕食の食卓で家族を前に横光利一を朗読して聞かせることが、ままあった。
プロコフィエフも好きだったようだが、私にはどこが良いのか??
さっぱり分からない音楽であった。


プロコフィエフはウクライナ、ドネツィク州ソンツォフカ生まれのロシア人。
サンクトペテルブルク音楽院で作曲・ピアノを学ぶ。
革命後、シベリア・日本を経由してアメリカへ5回渡り、さらにパリに居を移す。
20年近い海外生活の後、1936年に社会主義のソヴィエトへ帰国。

彼が何故に帰ったの良くわからんが、祖国では「お前の音楽はわからん」と言われ、
批判されて失意の中で死ぬ。
分かりやすいショスタコビッチも批判されたんだから、プロコフィエフではさらに無理でしょう。

しかし、初期の意味不明作品より、後期の方が良いようにも思う。

3つのオレンジへの恋。
これも、意味不明なオペラ。





  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2014-03-07 22:50

前ウクライナ大使馬淵氏の話



オマケ:米国人がウクライナのクーデター政権に入る野党政治家の人選をしている電話。ユーチューブに流出。

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-03-06 18:09

大砲をぶっぱなす音楽

 



ナポレオンは「ロシアが英国と貿易をした」として、欧州最大規模の軍隊を派遣した。
欧州の大陸諸国は英国と貿易してはならんちゅうに・・・とナポレオンが激怒。

そんなの知らんちゅうに・・とロシア。

フランス軍に包囲されてモスクワは陥落。
でも、その前にロシアはモスクワのインフラを止めて火を放つ。
焦土と化したモスクワに入ったフランス兵。怒る。
クレムリン宮殿を壊してから帰る・・・・と一部を壊したが天候急変で・・・寒いから帰るっちゃ。

帰るフランス軍に襲い掛かるロシア兵。

「大序曲1812年」

「荘厳序曲1812年」

などと訳されているチャイコフスキーの序曲。

1812年はナポレオン軍の侵攻から祖国を防衛した年。

フランス国歌と、ロシア帝国国歌が使われている。

最終部分の楽譜にはキャノン砲と記されており、

大砲をぶっぱなす派手な音楽。

初演で、キャノン砲をぶっぱなしたかは不明。

ドイツではグスタフ・マーラーが初演した。

 

本物の大砲を使った演奏の例(自衛隊の朝霞基地)

 

 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-03-05 21:07

かつてクリミアでは戦争があり、無いチンも活躍したのであるよ

ウクライナの西の方の国は、よせばいいのにEUに入ってしもた。
エストニア、ラトビア、リトアニア・・・・お前もか?
ポーランド、チエコ、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア・・・お前もか?
クロアチアとスロベニアも・・・・正気か?
EUはギリシャを加盟させて懲りたのではなかったか??

まるで懲りてないようですな。
そういうわけで、次に加盟する候補はウクライナ。

「こっちゃこい」とEU
「行くな」とロシア。

こういうのが背景にあり、今回はEU傀儡勢力のクーデターで
選挙で選ばれた大統領が解任された。
殴られそうになった大統領は泣く泣くロシアに逃げる。

領土が絡むと西欧諸国も紳士ではなくなる。
クーデターであろうとEUは正しいのだ。
オバマも居るでよ。

かつてクリミア戦争というのがありました。
これはロシアとオスマン・トルコの戦争で、エルサレルの問題が絡んだ十字軍のような話が発端。

ところがロシアが地中海に出てくることを恐れた、西欧諸国はトルコを支援。

1854年3月、イギリスとフランスはトルコと同盟を結び、ロシアに宣戦布告。
モルドバ、ワラキアのロシア軍はオーストリアやプロシアの抗議により撤退した。
連合軍はブルガリアから北上してオデッサを攻める作戦だったが、オーストリア軍がワラキアに進駐したため、攻撃目標はロシア艦隊の基地セバストポリとなった。

このセバストポリスはクリミア半島の港町であり、英仏連合軍6万に攻められ陥落する。

フローレンス・ナイチンゲールはイギリスの裕福な家庭に育った。
彼女はクリミア戦争が始まると、看護師を志願し、イスタンブールのスクタリ病院で働いた。
彼女は「クリミアの天使」と呼ばれた。

o0550040612797794510.jpg

プーチンも過去の歴史実話があるので・・・・クリミアのことは心配ですなあ。
  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-03-04 18:07

ギレリスの旦那<ウクライナに寄せて>


ウクライナというとコサックを思い出し、
コサックというと大鵬を思い出してしまうのだが・・・。

ウクライナ出身のピアニストはウラジミール・ホロビッツ、リヒテル、そしてギレリスである。

私が中学生の頃、リヒテルは幻のピアニストであり、レコードも少なかったが、
ギレリスは、欧州や米国のオーケストラと競演したレコードが、やたらと出ていたので、結構、聞いているのです。

彼は西側で自由に活動することをソ連政府から許された最初の芸術家だったという。



  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-02-25 22:16

チャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」

よもぎ猫さんの「猫を連れて来ました」を読んで、やっぱり「ブログ分裂病」は、面倒だと悟りました。

http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-4636.html 

この病気はマルコ師匠が元祖でしたが、2つのブログを書き分けるのは面倒ですねん。

そこで、私もエキサイトプログをウインドウXPのサービス終了に合わせて廃止し、こちらに統一します。

映画、音楽、絵画、食道楽の話も、こちらで更新することにしました。

・・・・・ということ唐突に。


金メダリストの羽生結弦君のフリーの曲は「ロミオとジュリエット」。

露西亜だからチャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」だと思ったら、ニーノ・ロータでした。

チャイの幻想序曲「ロミオとジュリエット」は彼の初期の作品ですな。
音楽学校を出て4年後の29歳の時の作品です。
この時、ベルリオーズは劇的交響曲「ロミオとジュリエット」を書いておりました。





なお、ニーノ・ロータの「ロミオとジュリエット」も悪くないです。


  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2013-05-04 18:31

ステンカ・ラーディンとコサックの悲劇

 

ステンカ・ラージンはコサックのアタマン(頭)である。

 

カスピ海に乗り出したラージンは、デルベントからバクーに至るペルシアのカスピ海沿岸を荒らし、ラシュトの中央市場では住民の大殺戮に及んだ。

1669年の春、スイナ島を収めたラージンは、7月にはペルシア艦隊を撃滅、ステンカ・ラージンは手のつけられない存在となった。

 
1669年、ラージンは再びアストラハンに現れ、そこで皇帝・アレクセイ1世の恩赦を受けた。

人々はラージンの活躍に魅せられていった。

アストラハンのようなロシアの国境地帯はまだ無法地帯で、人々はいまだに遊牧民的であり、ラージンの武装蜂起を受け入れるような環境が整っていた。

 

 

アストラファンのクレムリン

 

しかし、ロシア革命以降、ソビエト連邦は、コサックを反革命分子と見なし、スターリンも、レーニンのコサック根絶政策を忠実に継承した。

 

それにより、440万人のコサックの70%、308万人が、戦死、処刑、流刑死で抹殺された。

 

 

弾圧を逃れたコサックの多くは海外に逃れた後に、第二次世界大戦においてドイツ軍に協力した。

 

ドイツの敗戦でコサックは英国など連合軍の捕虜になった。コサックは共産主義陣営と戦うために共闘しようと申し出たが、英国はそれを拒否してソ連に送り返した。

 

そのため、コサック兵は全てスターリンにより、その家族を含めて虐殺された。

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-05-04 18:06

カリンカ 

 

長い間ロシア民謡と考えられてきたが、実際には、作曲家・作家・民謡研究者のイワン・ペトローヴィチ・ラリオーノフが1860年に作詞・作曲した作品である。

この歌の初演は、ラリオーノフが音楽を書いたサラトフのアマチュア劇団の芝居で、舞台上で歌われたものである。
 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-05-02 23:03

ロシアの小さな思い出

 

まあ、たいした思い出ではないのです。

ロシアに市場視察に行って、プレゼンを受けて

自動車の保有台数の国際比較した表が出てきたのです。

その表の中国の欄が「不明」と書かれてたのです・

「やっぱり不明ですか」

「不明です、真実は神のみぞ知る」

「この表は世界で最も正しいかも知れませんね」

(爆笑)

 

白髪三千丈の世界に住む人達の、誇張された数字を信じてどうする。不明が正しいのです。

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-05-02 22:05

もう一つの「黒い瞳」 

ロシア民謡の「民謡」は、パブリックな歌の意味で、要するにロシアのポピュラー歌謡なんですね。

 

そのロシア民謡には、日本で「黒い瞳」と訳されている歌が2つあり、ややこしい。

 

前回のエントリーはジプシーの女性の「黒い瞳」に惹かれた男性の苦悩を歌っているのです。

 

ジプシーとは、エジプシャンのことらしい。

すなわち放浪のエジプト人。

実はエジプトとは関係が無いので。今は「ロマ」と言うらしい。

ブラームスのハンガリー舞曲も、ロマの音楽を収集したものであり、ブラームスも自分の作品とはしていない。

ブラームス収集の「ロマの舞曲」と言うことらしい。

 

ロシア民謡の、もう一つの「黒い瞳」は、この曲。

聞いたことあるでしょ。

普通に「黒い瞳」をリクエストすると、この曲が出てくる。

新宿の焼き鳥屋の「ボルガ」で、バイオリン弾きの老人に、「黒い瞳をやってくれ」と頼むと、「どっちの黒い瞳?」と聞かれた記憶がある。

 

この「黒い瞳」は、中年女性が歌ってるのが多いが・・・・

「私、黒い瞳の若者(男)に惚れただよ」という歌だからである。

 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2013-05-02 21:57

Yana Gray Очи чёрные

 

ロシア民謡には「黒い瞳」という曲が2つあるので、ややこしい。

私が好きなのは、このジプシー音楽風の「黒い瞳」である。

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-05-02 21:46

カチューシャ

「カチューシャ」の歌は、古くからのロシア民謡ではなく、

第二次大戦中に作られた軍歌である。

反戦の歌ではなく、戦意高揚の歌である。

 

カチューシャの歌は、 第二次世界大戦においてソビエト連邦が開発・使用した世界最初の自走式多連装ロケットランチャー=カチューシャ砲にも関係している。

 

日本語の歌詞は、

 

林檎の花ほころび

川面に霞たち

君なき里にも、春は忍び寄りぬ

 

・・・・とあり、この君なき=君亡き

と解釈すると、反戦歌にも聞こえないことはないが、

ロシア語の歌詞は、亡きではなく、戦争に行って留守という意味である。

「カチューシャは村で待っているから、勝って帰れよ」

という歌である。

 

そのため、この歌は軍隊のイベントで歌われる。

 

 

 大観衆が振っているのは、白青赤のロシアの国旗である。 

 

 

ここでも、盛大に国旗を振っております。 

 

最後に映画の一場面で歌われるカチューシャ。

 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-05-02 21:43

Ogonek

「場が盛り下がるのでやめれ」

と言われながら、時々、カラオケで歌うのがこれ。

 

灯火は出征の歌である。

雄雄しき丈夫(ますろ)を、前線に送る少女の心にともる「灯火」

若者に宛てた少女の手紙
「貴方の使命が果たされる、その日まで、

私の愛は変わることはない」

喜びに満ちる若者の心
手強き敵を打ちのめさん、祖国のために。
 

p> 

 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-05-02 21:34

モスクワ郊外の夕べ クレムリンの尖塔添え

 

「モスクワ郊外の夕べ」

これは戦後の流行歌です。

それにしても、クレムリン宮殿は魔法の国みたいですね。

 

 

 

英訳付きのバージョン

 

 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2013-04-30 09:51

欧米とロシアとの交渉

米国とロシアの交渉

 

米国との二国間交渉は、米国牛肉の輸入に関わる衛生条件や知的財産権の保護(特に著作権や商標についての規定)について交渉が続いていたが、20061110日、USTRは二国間交渉の大筋合意を発表。

同年1115日から行われたAPEC首脳会合の際の米露大統領首脳会談において、シュワブUSTR代表(当時)とグレフ経済発展貿易大臣(当時)の間で署名が行われた。

 

的財産権の保護については、ロシアTRIPS協定に整合させる目的で知財関連法令の法制度整備を進めた一方で、米国ロシアによる映画やソフトウェアの複製、海賊版DVDの販売など運用・執行面での知的財産権の侵害を強く懸念しており、知的財産侵害に対する抑止力を確保すべくサイド・レターを交わした。

同レターには、ロシア連邦政府は、WTO加盟前に生じる如何なる国内法及び規則の変更も、TRIPS協定及び知的財産権関連の条約の規定との整合性を損なうものとならないことを確保するとの記載が含まれている。

また、米国がロシアによる知的財産権の侵害に対して有効な取り締まり措置の実施を求めてきた結果、加盟議定書では、ロシア政府が今後も引き続き知的財産権侵害物品の取り締まりを強化する旨が表記された。

 

EUロシアの交渉

 

 ロシアは、国営企業(ガスプロム)による国内消費者向け天然ガス価格を生産コストに比べ著しく低く設定しており、天然ガス価格に対する政府の介入の問題を抱えていた。

EU、米をはじめ加盟国は、国内価格が輸出価格及び国際市場価格よりも不当に低く設定され、国内下流産業に対する間接的な補助金となりうるとしてこれを懸念。

また、国営企業による天然ガスの販売が通常の商業的考慮に則っていないこと、不当に廉価な輸出がアンチダンピング(AD)や相殺関税(CVD)の対象となりうること等を指摘した。

最終的には、2004年3月の閣僚会合を経て、同年5月21日にモスクワで行われたEUロシアサミットにおいて、二国間合意に達した。同合意では、最大の懸案事項であったエネルギーの二重価格問題については、ロシア国内の産業用ガス価格を段階的に引き上げることで合意した。

------------------------

社会主義の崩壊から次の経済が生まれない。

なにもかも壊したプロレタリア独裁。

 

まだまだ、これからなんです。

 

 

  

 

WTO加盟に伴う主な約束内容

 

物品市場アクセス 

全品目の平均譲許税率を2011年の10.0%(実行税率)から譲許税7.8%に削減。

鉱工業品全体(7,955品目)では、10.0%(実行税率)から譲許税6.8%に削減。

 

日本からの主要輸出品目では、乗用車が加盟前30%又は35%から加盟時に25%、さらに加盟後7年で15%まで削減される。

携帯電話などIT製品については、現行10%から加盟後3年で0%に削減する(WTO加盟と同時に、ITA(情報技術協定)に加盟予定)。

 

サービス市場アクセス

 WTO区分における155サービス分野のうち、116分野についてサービス市場の自由化を促進、または現状以上に規制を強化しないことを約束。

例えば流通サービスについて、WTO加盟時に、卸売、小売り、フランチャイズ分野で100%外資を認める自由化を実施。

 

金融サービスでは、加盟9年後に外国保険会社の支店設立を認可。

また、銀行業・証券業では、外国銀行による現地法人および駐在員事務所の設立を認可。

ただし、個々の国内銀行への外国資本比率制限を設けない一方、ロシアの金融システム全体に対する外国資本比率は50%に制限することとした。

 

知的財産権

 TRIPs協定のすべての規定を移行期間なしで適用することを約束。また、著作権によって保護されたコンテンツの違法配信を行うウェブサイトの運営に対する規則、取り締まりを約束。

 

貿易関連投資措置

 2018年7月1日までに、TRIMs協定等のWTOルールに整合的でない貿易関連投資措置(自動車投資優遇策)を撤廃する。その他の貿易関連投資措置は加盟日から全てWTO条項に従うことを約束。

 

輸出税

 鉱物燃料、石油、ベースメタル等、700以上の品目について上限を設定。また、MFN原則をはじめとするWTO協定に則って輸出税を適用することを約束。

 

政府調達 

 加盟と同時に政府調達協定(GPA)のオブザーバーとなり、4年以内に加盟交渉を開始することを約束。

 

エネルギー 

 天然ガスの二重価格問題に関しロシアの天然ガス製造者及び流通者は、コストと利潤に基づいて通常の商業的検討に則って運営することを約束。

 

 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-04-29 07:07

ロシアのWTO加盟

 

 

ロシアのWTO加盟交渉のプロセスは、1993年6月にWTOの前身であるGATTへの加盟を申請し、同年、加盟作業部会(WP)が設立されたことに遡る。

その後、1995年7月に第1回WPが開催されて以来、公式WP30回実施された。

ロシアは、2006年7月に開催されたG8サミットの議長国であったことからG8サミット前のWTO加盟を目指していたが、実現には至らなかった。

 

加盟に際しては、関心を有する全ての既加盟国と二国間交渉を行って承認を得る必要があるが、ロシアは我が国を含む61の既加盟国と二国間交渉を実施した。

主要国との間では、EUとは2004年5月に、中国とは同年9月に、韓国とは同年11月にそれぞれ合意に至った。その後、インド台湾チリNZ、カナダ、スイス米国等と二国間交渉を終え、最も交渉が難航したグルジアとも201111月に終結した。

 

他方、多国間交渉の場であるWPについては、2008年8月にロシアとグルジアの間で軍事紛争が勃発した影響を受けて一時交渉が中断したことに加え、2009年6月に、ロシアが、カザフスタン、ベラルーシとの3ヶ国で構成される関税同盟としてのWTOへの参加の意思を表明(同関税同盟は2010年1月に発効)したため、WTO内での加盟検討作業が約1年間中断した。

 

その後、2010年5月にロシアが、関税同盟でのWTO加盟ではなく、同盟3ヶ国がそれぞれ加盟を目指すことを正式に表明し、関税同盟との関係も含めて、検討作業が再開した。

最終的には、201112月のWTO定期閣僚会議で加盟が承認されるに至った。

 

2012年7月にはロシア国内での加盟議定書批准手続が完了し、同年8月22日、ロシアは正式に156番目のWTO加盟国となった。

 

--------------------------------

以上は経済産業省資料より。

ロシアWTO加盟ほやほや・・・なのである。

 

 

日ロシア交渉

 

我が国との二国間交渉については、自動車関連の関税がひとつの大きな焦点だった。それまで完成車に25%の輸入関税をかけていたロシアは、WTO加盟に伴う自動車関税引き下げについて、関税を加盟1年目で35%に引き上げ、7年目に15%に引き下げる案を提示していた。

 

これに対し、日本やEU10%に引き下げるよう要求、国内の自動車産業の育成を図るロシアはこの要求に難色を示していた。

 

2004年に入って進展していた交渉は、200411月のAPEC 閣僚会合時に行われた中川経済産業大臣(当時)とグレフ経済発展貿易大臣(当時)の会談において実質合意したことによりさらに加速した。最終的には、2005年2月、自動車輸入関税について、7年かけて25%から15%に引き下げることで合意が成立した。

2005年4月に東京で行われた日露貿易経済政府間委員会第7回会合において、両国議長である町村外務大臣(当時)とフリステンコ産業エネルギー大臣(当時)の間で、日露二国間交渉の実質合意を確認した。その後、事務レベルの調整を経て、同年11月のプーチン大統領(当時)訪日時に、両国首脳立ち会いの下、正式署名が行われた。

-------------------------------

2000年以降、中国への諸外国の投資が集中したのは、中国のWTOへの加盟である。

しかし、中国は約束を守らなかった。

約束を守らないと分かれば、見放される。

特に昨年の反日デモは最悪のタイミングであり、世界の中国からの離反を決定的にした。

 

ロシアは2000年以降の中国の有様を見ていたが、この轍を踏まない上手に乗り越えられるか?それは、まだ分からない。

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-01-01 00:22

ウラジオストックが大変らしい

露西亜貿易をやっている人と雑談。

ウラジオストックが中国移民が増えて大変なことになっているらしい。

最初は観光ビザの免除から始まった・・・。

 

あれ・・・どこかで同じような国が???

 

すると・・・・どどどどと中国人の観光客が増え・・・。

やがて、中国人観光客向けのレストランやホテルが乱立。

 

やがて・・・・観光に来て…帰らない中国人が増え・・。

移民と合わせて、どんどん中国人が増え。

 

そして・・・・中国は「ウラジオストックは中国固有の領土」と主張・・・・まあ、これは中国というより清の領土だったのだが・・。

 

中国人が増えたので露西亜人は給料の高いモスクワへと逃げ出し、このままでは中国に飲み込まれそう。

 

どうせ中国に飲み込まれるなら、ウラジオの領有権を日本に譲渡したらどうか?との案まで出ているらしい。

 

日本はもう大陸はこりごりなので、要らないけどね。

 

ソ連時代、ウラジオは軍事拠点で外国人立入禁止の軍港だった。あの時代は平和で良かった・・・・と懐かしむ人多いとのこと。

 

中国のやることは、どこでも同じ。

新潟は大丈夫か?

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-09-11 08:47

今の日本とロシアの経済力の差から考えて

 

ロシアの名目GDPブラジル程度。

工業国ではなく、単なる資源国。

 

ところが野田首相は、大国の前に、畏まっているパシリ程度の雰囲気。

 

 

「経済、少し手伝ってやるから、島は返せよな」

それじゃあ、原油を売ってやるので手伝え」

 

 

名目GDP(USドル)の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-08-22 21:29

露西亜より愛をこめて(2)

人口の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

 

 中国との人口比較。中国は単に人口が多いだけであるよ。ホンマやで。

 

名目GDP(USドル)の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

 

 名目GDPの比較では中国が圧倒的である。実質DGPでは大きな差は無い。

 

一人当たりの名目GDP(USドル)の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

 

 一人当たりの名目DGP。消費市場としての潜在力は圧倒的にロシアである。スーパーの棚で日本の日用品も並んでます。中国では並んでへんで、ホンマに。

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2012-08-22 21:07

露西亜より愛をこめて(1)

人口の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

 

露西亜は広大ではあるが、人口は日本より、やや多い程度。米国の半分以下である。

 

名目GDP(USドル)の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

 

 ロシアは大国のイメージがあるが、名目GDPブラジル程度。日本の方が遥かに多い。

 

原油輸出額の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

 

ソ連崩壊で工業はほぼ壊滅。無残です。今は単なる資源国となった。日本が原油を輸入しているアラブ首長国連邦以上の原油輸出国である。 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2011-12-06 00:05

Валентина Пономарёва愛の国

   

Valentina Ponomareva

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2010-03-06 00:17

Нина Шацкая ロシアのニーナ嬢

 

 

 

  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。