2016-06-03 22:59

Tony Murenaをご存知ですか?



197年にイタリアのパルマ州ボルゴヴァルディタロで生まれる。
1970年に死去。
アコーディオンの名手にしてバンドネオン奏者
9歳にしてアコーディオンを始め、15歳にしてバンドネオンを学び、タンゴの演奏を始める。

フランス映画やイタリア映画に、街角のアコーディオン弾きが出て来る。
最初のトーキーといわれる「パリの屋根の下」でも、街角で歌う主人公の後方にアコーディオン弾きが居た。
アコーディオン弾きは、流しのお兄さんの伴奏者なのである。

トニーの旦那も最初は街角のアコーディオン弾き。
やがてバンドネオンを手にタンゴの演奏家となり、
JAZZに興味を持って、バンドネオンに即興性を取り入れた。欧州のバンドネオンの巨人である。

スポンサーサイト
  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-08-27 20:17

Cachito

 

「ベサメ・ムーチョ」のコンスエロ・ベラスケスのもう一つのヒット曲が「カチート」

自分の分身である子供への愛情を歌った歌。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-08-11 14:36

イグレシアスの旦那のキエレメ・ムーチェ

 

3億枚もレコードを売り上げてギネスに登録されている フリオ・イグレシアスの旦那は1943年生まれである。

 

レアル・マドリードのユースチームでゴールキーパーをし、一軍に登録した矢先、交通事故で全治約5年の瀕死の重傷を負う。

療養中に父のアシスタントからプレゼントされたギターで作詞作曲した曲がベニドルム歌謡祭で優勝。

ケンブリッジを卒業した後、ミリオンセラーを連発するトップスターとなる。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-08-09 19:42

historia de un amor

 

Ya no estás más a mi lado corazón
もう、貴方は私の側にはいない。愛しい人。
En el alma sólo tengo soledad
 私の魂の中に孤独を持つだけです。
Y si ya no puedo verte
 そして、もう貴方と逢うことができないなら。
porque Dios me hizo quererte
神様が私に貴方を愛させるのは
para hacerme sufrir más
 私を苦しませるためだからなのです。

 
 
Siempre fuiste la razón de mi existir
 いつも、貴方は私の存在理由でした。
Adorarte para mi fue religión
 貴方を愛することは私にとって信仰でした。
Y en tus besos yo encontraba
 貴方のキスに私はいつも情熱を見い出していました
el calor que me brindaba el amor y la pasion
 情熱は私に愛と燃え上がる思いをもたらしていました。

 

Es la historia de un amor
 これが愛の物語です
como no hay otro igual
 他には同じものはない。
Que me hizo comprender
 それは私に理解させました
todo el bien, todo el mal
 すべての良いことを、すべての悪いことを。
Que le dio luz a mi vida
 それは私の人生に光を与えました。
Apagandola despues
 消えるならば、あとは
Ay! que vida tan obscura
 ああ!何と暗い人生。
sin tu amor no viviré

 私は生きていくことができないでしょう。
Es la historia de un amor
 これが愛の物語です。

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-08-09 19:03

ある恋の物語

 

私の「ある恋の物語(歴史)」。恋の対象は妻である。

 

私は子供の前では、いつも妻を褒めているし、

妻も子供の前では、いつも私を褒めているらしい。

 

子供は家族の事では一切の不安が無い。

この状態が、子供のパワーの源となっている。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-04-03 21:44

今日も夜は深ける

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2012-03-30 23:53

Pearl Fishers真珠採りのタンゴ 

 

原曲はビゼーのオペラ。

 

 

 

マランド楽団の「真珠採りのタンゴ」

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-03-28 12:08

TangoBlauerHimmel

 

タンゴ「碧空」である。

戦前からある古いタンゴであるが、

戦後はマランド楽団、ハウゼ楽団の演奏がスタンダード。

 

私は、この曲はマランドの方が好き。

真央ちゃんも同じか?な。

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2011-11-27 21:17

Tango Por una Cabeza タンゴ「首の差」

 

Por Una Cabezaは、アルゼンチンの作曲家・歌手・俳優のカルロス・ガルデルによる1935年のタンゴ。

 

意味は「首の差で」。

競馬を引き合いに恋の駆け引きにわずかの差で敗れた男の心境を歌う。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2011-11-22 21:14

イカツイ顔の弟と

 

 Illenyi 姉弟の演奏

彼女は1968年、ブタペスト生まれ。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2011-08-28 15:12

暗殺者のタンゴ

 

コロンビアのボゴタで、たまたま出会った建築士のジョンと、コンピューター・サーバーの管理人であるジェーンは、情熱的な恋に陥り、ほどなく結婚し、ニューヨーク郊外で夫婦生活を始める。

ごく、普通の2人は、ごく普通に恋をし、ごく普通に結婚したのであったが・・・。

 

でも、ただ1つ変わっていたのは、奥様は暗殺者だったのです。

でも、もう一つ変わっていたのは、旦那様も暗殺者だったのです。

 

2005年の映画「Mr.&Mrs. スミス」

この主題歌が「暗殺者のタンゴ」である。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2011-08-18 23:10

天使のミロンガ

 

ピアソラの「天使の協奏曲」は以下の構成

・天使へのイントロダクション

・天使のミロンガ

・天使の死 

・ 天使の復活  
 

 

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2011-07-03 18:32

偶然の契機で平凡な主婦が歌手になる( 再掲載)

アストラッド・ジルベルトは、1940年にブラジル生まれ。

17歳の時に近所に住んでいたナラ・レオンの家で、ジョアン・ジルベルトを紹介され1959年に結婚する。

ジョアンは1929年生まれで11歳、年上であった。

1963年に、欧州帰りの落ち目の白人テナー、スタン・ゲッツが、ジョアン・ジルベルトと組んで、ニューヨークでボサ・ノバのレコードを吹き込むことになる。

この時、彼女は通訳を兼ねて夫と同行した。彼女はドイツ人の父親とブラジル人の母とのハーフであった。

 

1963年3月に、大ヒットとなった名盤「ゲッツ・ジルベルト」が録音された。

スタン・ゲッツがテナー

アントニオ・カルロス・ジョビンのピアノ

ジョアン・ジルベルトのギターとボーカル

これにベースとドラム。

 

この時、「イパネマの娘」の録音でジョアンの原語の歌だけでは、ちょっと寂しいので、アストラッドが英語で数コーラス歌う。

 

娘の歌なんだから、女性の声が入った方が良いべ。

奥さん、ちょいと歌ってみてよ・・・

 

てな具合で、ほんの数コーラス歌っただけなのだが、これがヒットしてしまったんだな。

1964年に、ジョアンと離婚し、本格的な歌手となる。

 

以下は、平凡な主婦のイメージ濃厚な時代のアストラッドの映像である。

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2011-05-25 16:15

Besame mucho のBESAはKISS(再掲載)

  

「あんなに仲のいい夫婦は見たことがない。嘘だろうと疑い続けてきたが、嘘だとしても、最後までつき通せば本物です。兄貴は南田洋子を愛して、死にました」。

 

長門裕之さん死去に際して津川雅彦氏の言葉 

 ------------------------------------------------

 べサメ・ムーチョは1941年に、メキシコのソングライター、コンスエロ・ベラスケスが作曲・作詞したもの。

 

Besame mucho の BESAはキスであり、

「いっぱいキスして」の意味である。

 

これが、若い女性が「いっぱいキスして」と言っているのではないのである。

 

死期を迎えた老人が、彼の妻に「べサメ・ムーチョ」とお願いしているのである。

 

コンスエロ・ベラスケスが、老夫婦の話を聞いて、感銘を受けて作曲したらしい。

 

だから、この曲は、しみじみと聞かねばならないのである。

   

Csaria Evora 

  

 

Andrea Bocelli

 

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2010-11-19 20:26

ラジオからトリオ・ロス・パンチョス が流れた頃

 

メキシコ人のアルフレッド・ヒル とチューチョ・ナバロ

プエルトリコ人のエルナンド・アビレス によって、

1944年に結成されたラテン音楽の楽団

 

メキシコをはじめとする中南米諸国のみならず、

アメリカ合衆国スペイン語圏の絶大なる人気を得ている。

グループは存続しても、メンバーの交代がある。

小型のレキントギター(requinto guitarra)を演奏する。

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-10-19 10:42

嫉妬  ジェラシー

 

 

タンゴ「ジェラシー」。

中学時代はアルフレッド・ハウゼ楽団の演奏で、痺れました。

 

この演奏は、ハンガリーの歌手兼演奏家の姐さん。

曲目はクラシックを基本に、JAZZ、タンゴまで。

私の趣味に重なる部分が多いです。

 

 

カティツァ姐さんは1968年生まれ。

40歳台です。

ハンガリーのバイオリニストと歌手。
父親はハンガリー国立オペラハウスで活躍した演奏家。 
彼女は14歳でフランツリスト音楽アカデミーの特別な才能のクラスに入った。

1991年に彼女はフランツリスト音楽院で彼女の修士学位を取得。 
タップダンスも好きでJAZZバイオリンも演奏する。

 

もちろんタンゴも。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2010-07-28 09:49

タンゴの女王「藤沢嵐子」

覚えている人は、もはや少ないのではないか。

1950年代のタンゴ・ブームの時に「タンゴの女王」と呼ばれた。日本語の訳詞ではなく、本場のスペイン語で歌うことで知られている。

彼女の場合、アルゼンチンで人気を得てから、日本でも売れるようになった。

 

1953年にタンゴの勉強のためにアルゼンチンに演奏旅行に出る。

この旅行の際に、フアン・ペロン大統領夫人のエバ・ペロン(エビータ)の追悼コンサートに出演したり、ラジオ番組で演奏するなどし、アルゼンチンで絶大な人気を得た。

この時の録音が「藤沢子アワー」(ラジオ東京)で放送されると、日本でも人気が高まった。

 

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-05-23 22:42

アルベニスのタンゴ

 

 

 

イサーク・アルベニス(1860-1909)

スペインの国民楽派の作曲家・ピアニスト。

タンゴは、30歳の時に作曲した組曲「エスパーニャ」の中の一曲である。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-02-19 01:27

L'amour c'est pour rien恋心

 

アルジェリア生まれのシャンソン歌手、エンリコ・マシアスの旦那の元祖「恋心」

日本では岸洋子、菅原洋一が歌ってます。

 

 

恋は不思議ね 消えたはずの
灰の中から 何故に燃える
ときめく心 せつない胸
別れを告げた 二人なのに
恋なんて むなしいものね
恋なんて 何になるの 

 

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2010-01-29 20:43

ジリオラ・チンクエッティをご存知ですよね?

「薔薇のタンゴ」は、様々な歌手が歌っているのですが、

このジリオラ・チンクエッティのが、私の好み思うわけです。

 

 

ジリオラ・チンクエッティと言えば、

1964年に 16歳にしてサンレモ音楽祭に優勝した少女ですね。

「夢見る思い」という曲です。

本人はまさか優勝するとは思っていなかったので、

「眠いので帰りたい」

「終わりまで駄目よ」

との問答をしながら楽屋でトランプをしていたらしい。

 

 

 

 

 その後、アップテンポの「雨」もヒットしました。

 

 

 

なお、伊東ゆかり姉さんが、サンレモ音楽祭に日本人として初出場し、「恋する瞳」で入賞したのは1965年である。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2010-01-29 10:37

Tango delle rose

 

「この歌はターキーが歌って、凄い人気であった」

と大正13年生まれの母の証言です。

 

ターキーとは水の江 瀧子ですね。

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2010-01-28 22:37

薔薇のタンゴ

1928年にイタリアで作曲されたタンゴである。

とても可愛らしく、聞きやすい。

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2010-01-24 09:13

夜のタンゴ

この曲が昔から好きであった。

1937年のドイツ映画「夜のタンゴ」で、

ヒロインを演じたポーラ・ネグリが歌い大ヒットさせたタンゴ。

映画は見ていない。

DVDにもなっていないようだ。 

 

 

 

ポーランド生まれの女優ポーラ・ネグりと愛犬。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2010-01-23 21:22

ミルバのタンゴ

ミルバ。

イタリアのカンツォーネ歌手。

1930年代の生まれなので、もうオババである。

本名マリア・イルバ・ビオルカティ。フェッラーラ県のゴーロ生まれで「ゴーロの女豹」とよばれる。

1961年に「フラメンコ・ロック」でデビュー。

 

演劇的なアクションを取り入れた劇的な舞台。

さらに、オペラを歌ったりと、オーバーアクションが好きみたいである。

そして、タンゴが好きで、ピアソラと競演もしている。

 

若い頃は、こんな感じ。

 

 

 芸術派になってからのミルバのタンゴ

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-01-08 13:24

Chee-Yunのオブリビオン


Chee-Yunの音色は厚みがあってタンゴに向いていると思う。
">

">

">


彼女のホームページ
突然、音が出るので注意。

http://www.chee-yun.net/


チー・ユン(Chee-Yun )は韓国ソウル出身のヴァイオリニスト。
本名はキム・チーユン。
1970年生まれ。13歳でニューヨークに移住。
ジュリアード音楽院に進み、1992年にDENONより「ヴォカリーズ」をリリース。
ピアノに江口玲を迎え、以来リリースするソナタ・アルバムで共演する。
使用ヴァイオリンは1669年製「Ruggieri」

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(11)

2010-01-07 11:57

Adios Nonino

ある日、レコード店に入ったら、この曲が掛かった。
冒頭のピアノが美しくも哀しい。
「何の曲だろう」とレジに聞きに行った。
それが、アストル・ピアソラのアディオス・ノニーノであった。
迷わず、この曲の入っているCDを購入した。
それから、私のピアソラ巡礼が始まった。
アディオス・ノニーノとは「さよなら父さん」という意味。
1960年、ピアソラが亡き父に贈った曲である。
YOUTUBEにピアソラのライブがあった。
長いピアノ独奏が終わり彼のバンドネオンが立ち上がる。

">

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2010-01-07 11:52

Sus ojos se cerraron

前回のエントリーで紹介した動画は

カルロス・ガルデルの生涯を描いた映画の一場面である。

映画の表題は Sus ojos se cerraron

これが、予告編。

 

 

こちらが、本物のカルロス・ガルデルの歌である。 

 

 

タンゴとして踊られる Sus ojos se cerraron

足を鞭のように振り回すステップ。これがアルゼンチン・タンゴである。

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2010-01-07 11:51

我が懐かしのブエノスアイレス

ダニエル・バレンボイムの旦那は、ブエノスアイレスの生まれである。

世界的なピアニストで指揮者となった彼は、1995年にブエノスアイレスで録音した、アルゼンチン・タンゴのアルバムが有る。

そのタイトルは、Mi Buenos Aires Querido

 

史上最高のタンゴ歌手として、アルゼンチン国民の慕われているカルロス・ガルデルの作曲した歌である。

 

バレンボイムのタンゴのピアノ演奏も良いが、

カルロス・ガルデルの歌はさらに良い。

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2010-01-06 22:47

Milonga Del Ángel

 

ピアソラの「天使のミロンガ」。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2009-10-18 23:50

マラゲーニャ・サレローサ

クエンティン・タランチーノの「キル・ビル2」のエンディングに流れる曲。「マラゲーニャ・サレローサ 」のスピード感が、どうも忘れられない。
その前に、メキシコの田舎の酒場で歌っている映像も良かった。

そこで「キル・ビル」のサウンドトラック盤を購入して、聞いてみた。チンゴンという歌手が歌っているようだが、気合が入ってる。

 

 

 トリオ・ロス・パンチョスの、

あの長く裏返る声が印象的な「ラ・マラゲーニア」が

私の、この曲の原点なのだが、全く違う印象を与える。

この曲は1938年にエルピデイオ・ラミレスと言う人が発表した古い恋歌。


黒い瞳のマラガの娘に恋をするといった内容の曲である。マラガはスペイン南部の美しい港町。

私はパンチョスのCDの他に、メキシコのロス・トロバーレスのCDも持っているので、そうとうラ・マラゲーニアが好きなようである。
<マラガの地図>
http://maps.google.com/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&q=&ll=36.723475,-4.41925&spn=0.066457,0.1157&t=h&z=13&om=1

<トリオ・ロス・パンチョスのマラゲーニア>

">

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-10-14 11:19

アルパートの旦那とティファナ・ブラス(2)ティファナへの旅

 

「ロスの空港はあまりに過密であり、ローカルなサンディエゴ便は管制塔がヤル気が無いので、いつまでも飛べない。クルマで行きなはれ」と言われた。

 

そこで、友人のキャデラックで出かけることにした。

 

途中で、世界中からコンピューター技師が集まっている町などを通過して「人に注意」(熊に注意の人版・・・国境を横断する不法入国者が居るので注意)の看板を見ながら、国境の町、サンディゴへ。

 

大きな入江のある軍港・サンディゴを散策し、「ここまで来たなら国境の南に行くべきだ」と奨められティファナに向かう。

 

SOUTH OF THE BORDER

 

国境の南は犯罪が渦巻く何でも有りの世界・・・とB級映画では描かれる。

キャデラックを置いて、歩いて国境を越えティファナへ。

タクシーが待っていて、街の中心部に連れて行ってくれる。

 

Tijuana Taxi

ティファナのタクシーはポンコツであった。

 

 

Bittersweet Samba

 

 

 So What's New? (1966) 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2008-04-20 11:58

Milonga en re

連休前からデスク・ワークが続いている。
引退前の仕事として、業界の入門書のような本を執筆しているからだ。
書店に行くと、ビジネス書のコーナーに業界シリーズというのがある。「不動産業界」「食品業界」「広告業界」「半導体業界」など業界別にアウトラインをまとめたものだ。
かなり以前から、わが業界向けに、この手の本の執筆を依頼されていたが、多忙を理由に断っていた。
・・・が、いよいよ断れなくなった。
「今までの集大成をお願いします」と言われてもねえ。
ひとまず一段落させて、次の人生の船出をしようか。
ようやく、あと20数ページのところまで来た。
疲れた脳髄は、ピアソラで癒す。


">


 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(0)